石塚アキの日記
那須のおたんこ通信
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
安曇野
2009年 05月 31日 (日) 21:26 | 編集
松本から車で30分ほど北、今回の目的のひとつ、安曇野絵本館
どいかやさんの原画展が行われているのです。

「チリとチリリ」が有名などいかやさん。
色鉛筆の優しげな色合いと丁寧なタッチがとても好きで
細かい風景の描写と愛らしい動物は大人でもわくわくする。

「チリとチリリ」シリーズを始め、その他の作品の原画も展示されており、
1枚見るのに時間が長すぎるってことはないくらい楽しめました。

やはり原画にしかないぬくもりがここにあるなぁ!
来てよかった。


チリとチリリチリとチリリ
(2003/05)
どい かや

商品詳細を見る


そして、この安曇野絵本館がなんてステキなことか!
森の中にひっそりとあるその佇まいそのものがまるで絵本の世界の入り口のような感じ。
どっぷりと自分の世界に浸れる、そんな絵本館です。

絵本を大人買い~。

「ハーニャの庭で」  
「うさぎのルー・ピー・スー」
「やまねのネンネ」
野の花えほん 春と夏の花野の花えほん 春と夏の花
(2009/04)
前田 まゆみ

商品詳細を見る


09053102.jpg

左)安曇野絵本館の入り口
右)絵本美術館

その後、絵本美術館に立ち寄り、わさび農園へ。

09053101.jpg

左)わさび園
右)わさびソフト

安曇野は那須にとても似ているように感じました。
同じ高原だけれど、ここもやはり好きになりそうです。

山はいい。
スポンサーサイト
まつもとクラフトフェア
2009年 05月 30日 (土) 14:09 | 編集
まつもとクラフトフェアに行ってきました。

09053004.jpg


予想以上のブース数と人出にくらくら・・・。
どのブースも人・人・人。

北アルプスの雄大な景色をのぞみながらアートに触れる・・・どころか
なかなかじっくり見るのも大変なくらいでした。(^^;)

それでも、日本各地の若手からベテランの作家さんたちが一堂に集まる会場では
鼻息が荒くなり、オットとムスメの存在を忘れて「お!」「お!」と
あっちこっち小走りでまわりっぱなしでした。

クラフト素材となる羊毛や帆布、麻布、木の皮、作家さんのキャンドル、
陶器、木工作品などなど丁寧でシンプルなもの、独創的なもの、
どれも魅力的だったけれど、やはりこの会場には大きな木工作品
や焼き物のオブジェなどがインスタレーション的に置かれている
のにとっても惹かれました。

ムスメは木の大きなアオムシの形をした滑り台にまたがったり、
大きな鈴型の焼き物をバチで叩いたりして楽しんでいました。

むくむくと創作意欲が湧いてくるような刺激をいっぱいいっぱいもらって
その後、はじめて訪れる「工芸の街」松本を散策。


中町通り~大名町通り~松本城

09053003.jpg

左)ノスタルジックな洋風建築や蔵の並ぶ街並みがとてもきれいで
  民芸品店が軒を連ねて、クラフトフェアの延長のような感じで楽しいです。

中)ハッチのほうじ茶ジェラート
  
右)黒漆塗の松本城、かっこいい・・・!!


ひさびさの人混みとアートの刺激で頭がんがんしてきたので
9時には就寝しました~。


■買ったもの

09053001.jpg

左)なぜだかおうち型の雑貨がとても気になりました
  木の置物、焼き物のお家型お香焚、一輪挿
右)陶片木さんで、六寸すり鉢

09053002.jpg

ふたつの風車が違う方向に回転するパイン材でできた風車。
ベランダに飾ったんだけれど本当にいい!! いつもの景色が少し変わりました♪
作家さんの名刺をもらうのを忘れたことを悔やんでます・・・
薫風
2009年 05月 18日 (月) 22:15 | 編集
ほんとうに気持ちのいい季節!

花粉も終わり、蚊もブヨもまだいない。

家のすべてのドアも窓を開けて、風に吹かれながら鳥の声を聞くと
時間がたつのを忘れます。

この時期は草木が1日でものすごく伸びるので
日ごとに景色が変わるからお散歩が楽しい。

もう少ししたらむせるほど草は伸びるし、強い日差しを避ける日陰もないので
お昼にお散歩を楽しめるのはこの時期かな。

09051402.jpg

畑のじゃがいも。ぐんぐん。
今年は何植えよう?

09051401.jpg

 畑までの道に山吹、ムスカリ。

090515.jpg

 道草。




  
レゴ
2009年 05月 08日 (金) 11:35 | 編集
急遽の帰省だったので、少しの着替えを持ってきただけで何もなく退屈。
かといって炎天下出掛ける気分でもなく。

思い立って、ムスメのために昔私たち姉妹が使ったおもちゃを
物色していると大量のレゴブロックを発見!


えびせんの缶に入ったいっぱいのレゴ。懐かしいー!



気がつけば、ムスメに「あっちで遊んでてね」と夢中になってました。

090508.jpg


あと少しでセカンドライフ用木造平屋の完成なのに屋根の部品が足りないよ・・・。


 

2009.5.5
2009年 05月 06日 (水) 15:14 | 編集
090505.jpg

愛犬が永眠しました。
13歳でした。

たくさんのお花とともに、家族全員で天国に送り出しました。

本当にお花畑ですやすやと眠ってるようでした。

じゅうたんに落ちた長い金色の毛、
何度も縫い直された大好きなぬいぐるみ、
何度も噛んでグニャグニャになったガム、
食事のあとに激しく顔をぬぐう場所だった剥がれたソファー、
目が見えないソフィがぶつからないように高いところに置かれた物、
ひんやりした玄関がお気に入りのお昼寝場所だったので
玄関の外で靴を脱ぐ家族の癖、、、

まだ家はソフィの気配であふれていて、
家族全員がさみしい気持ちでいっぱいだけれど
きっとソフィがくれた楽しい思い出と時間とがじょじょに私たちを癒していって
くれるはず。

今まで本当にありがとう。

うちに来てくれてありがとう。






 

ひとり
2009年 05月 03日 (日) 21:19 | 編集
オットとムスメを那須に残し、ひとり名古屋へ帰省。

産後、初めての身軽なひとり旅。
小さなショルダーバッグに財布と携帯とi-podと本。

ひとりだとこんなに身軽だったってことに驚きだけれど、足取りは重い。


実家の愛犬が13歳になり最近急に弱ってきたのです。

先月帰省したときはまだ元気だったのに・・・。


今夜はソフィーの横で眠ろう。
copyright (C) 石塚アキの日記 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。