石塚アキの日記
那須のおたんこ通信
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
見つけた!
2009年 03月 08日 (日) 21:35 | 編集
サッカーで走り回って息が切れて、芝生の上に倒れ込んだら真上に虹が。


真上にある10センチ?くらいの虹を見つけたのは
私以外、日本中にあと何人くらいいるんだろ?



090310.jpg
スポンサーサイト
自家製酵母
2009年 03月 06日 (金) 21:35 | 編集
りんごで酵母を育ててます。

1週間ほど水につけた液種を、また1週間ほどかけて起こして元種のできあがり。

09030401.jpg


ホームベーカリーでは天然酵母は使えないみたいなので
手ごねで焼き上げました。
小麦粉は先日国産小麦粉を10キロ買っちゃいました。
左ふたつはすり下ろしたりんごを混ぜ込んで。
右はライ麦とドライフルーツを混ぜ込んだセミハードパン。

ほのかにりんごの香り。

市販のイーストを使わず、機械も使わず、の初めての本格風?パン作り。
皮はパリパリ、なかはしっとりもっちりですごくおいしかった。


09030402.jpg
桃の節句
2009年 03月 03日 (火) 13:56 | 編集
ひと月前、傷をつけないように慎重に慎重に飾り付けたお雛さまは
祖母が私に贈ってくれたもの。
平飾りといえども、箱から出す作業は結構大変でムスメの寝てる間に
ふうふう言いながらの飾り付け。
母が、私たち3姉妹のお雛さま3つを毎年飾ってたことを思うと本当に
今更ながら頭が下がる。


昔は、座ったお雛さまがいいな、とかもう少し大人っぽい顔がいいな、とか
3段がいいな、とかゴージャスな雪洞も、と色々思ったけれど、
年をとるにつれ丸顔の素朴な自分のお雛さまがとっても愛らしく思えるようになった。


昨年のムスメの初節句、母が新しいお雛さまを買ってくれるというのを
断って、私のお雛さまをムスメに譲ることにした。

30年近く、私を見守ってくれた雛人形は母の手によってやはり大切に
保管され続けてきたのだ。
同じ作業をすることで親の気持ちを理解し感謝して、また自分も親になれれば
いいと思う。そしていつかはムスメも。

初節句に母と祖母からムスメに贈られたつるし雛、
今年母が作ってくれたタペストリー、
幼いころ私たち姉妹が順番に着た着物を身につけてムスメ2回目の桃の節句です。



090303.jpg
copyright (C) 石塚アキの日記 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。