FC2ブログ
石塚アキの日記
那須のおたんこ通信
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
桜前線とともに!
2007年 03月 30日 (金) 21:23 | 編集
また少し、北上します。



そこは文明の力がまだ届いていないかもしれません。


自然いっぱいの風景と近況を早くアップできればいいのですが
今日び珍しいそんな環境も楽しもうかと思います。





みなさんも素敵な新年度迎えられますように!!
スポンサーサイト
ウォール・ウォール・ウォール
2007年 03月 22日 (木) 19:34 | 編集
念願のボルタリング体験!


経験者の友人に頼み込んで実現してもらいました~!!

錦糸町のクライミングジム。
一緒に行った男性たち(初心者)も女性たちも(少し経験者)
初級レベルはサクサククリアさせて次なる壁へ進むなか、

ぼてっ

ぼてっ

と落ちる私。


う”う”う”。ぐやじいっ!!


HE・TA・RE!!

HE・TA・RE!!

070321.jpg

(ギリギリ床をフレームアウトしてくれた姉さんに感謝)



いくら奮起してみても早くも何も掴んでくれない腕。

ほぇ~腕ってこんなにすぐにパンパンになるんだぁね・・・。


早々にマッサージタイムに移り、クライマー観察。
天井までのぼってゆく人。
縦横無尽に壁を這い回る中年男性。

ただただ、ため息。ウットリ。



だんだんジムの壁がエル・キャピタン(←薄い知識)に見えてくる。
中年男性と私を摩り替えたら妄想タイム突入。


うへへへへへへ~~

07032102.jpg







妄想冷めれば非力な二の腕。

壁に挑むために乗り越えなきゃいけない壁盛りだくさん。



一ヶ月遅れで更新されるクライマー山野井泰史さんの日記
密かな楽しみです。

文明への追随
2007年 03月 06日 (火) 11:19 | 編集
携帯でテレビ電話をするときはスピーカー機能を使う、ということを
知ったのは最近だ。

それまではスピーカー機能の存在を知らず、
テレビ電話で話すとき(夫相手のみ)は
相手に耳の中を見せ合いながら話すハメになっていた。

スピーカー機能があればいいのに、と思っていたが、
当然、あった。


妹が引越をしたので新居を見せてもらおうと
テレビ電話をした。



知らないうちにヘン顔対決になっていた。



もうお互い画面に映る自分の顔しか見てないし
面白すぎて(自分の顔が)会話が進まない。


「あふぉふぃにひへふぉー(遊びにきてよー)」

「いふなはひひ?(いつならいい?)ふへへへへ!」


数十分経過。笑いすぎてお腹がいたくなったので切る。

電話切ったあとで、用件をメールした。




テレビ電話が通常の通話料より高いことは、全然知らなかった。
雛祭りだよ!
2007年 03月 03日 (土) 00:11 | 編集
2週間ほど前に友人の○ジマ(←隠せてない)が、

「朝から晩まで、なんか積極的に何でもいいから、
つくるとか、見るとかしたい。
美術館とか、映画とか、どっかやってれば祭りに行くとか、絵
を描いてみるとか、犬猫を触りにいくとか、科学に触れるとか、
動物をひやかすとか、梅見に行くとか、東京地下鉄1日乗車券
買ってみて行ったこと無いところいってみるとかしよう」

というので

「去り行く江戸をねっとりまったり粋に満喫大プロジェクト」

イベントを企画した。

当初の彼女の提案内容は

①とりあえず浅草。寄席。
②上野動物園に行ってパンダを見る&西郷さんの銅像の前で写真をとる
③サンシャインへ行って水族館見る&乙女ロードで執事カフェに入る
(予約いっぱいだったら外から覗いて見る)
④秋葉原へいってヲタク観察&メイドカフェに入って
 萌え萌えじゃんけんなるものをする
⑤下北沢に行ってみる。(←行ったことない)
 演劇でも見る。
⑥中野に行ってみる。(←行ったことない)うろうろする

というめくるめく夢のような壮大丸1日東京周遊おのぼりプラン。
6つのプランのうち、メイドカフェと執事カフェが練りこまれて
いることがとても微妙。

前日になり、③~⑥はボツを言い渡し、寄席のスケジュール
など調べながら相談した結果、めんどくさいのでそのときの気分で
決めようということになった。

そして、朝はつらいので午後からスタート。


この時点でイベントタイトルとはずいぶん遠いものになった。


午後ダラダラと集合したあと、小腹空いてたのでミスドで小1時間お茶。

アメ横のビルの地下1Fでスッポンやら豚足やらカエルやら観察。


IMG_0387.jpg



かなり濃いニオイにやられ、フラフラしながら上野公園へ
向かう途中、歯の抜けたオジサンの作る巨大なタコ焼を購入。
20分前に焼けたものもオマケでもらった。

オマケでもらったほうをあてがわれた私は一生懸命タコを探し
ついに見つけた!!と思ってつまんだものは魚肉ソーセージのかけら
だった。

○ジマは、焼きたて=生焼けを苦しみながら食べつつ
通常のたこ焼きがたこ焼きの大きさである意味を噛み締めていた。

Img_0388.jpg


上野公園は寒桜がとてもキレイだった。

IMG_0397.jpg


花を撮影してた男性に、記念撮影をお願いした。
すると、彼は私たちの後に人がいなくなるまで待っており
私たちふたり2分ほど笑顔でポージングフリーズ。
ようやく撮ったと思ったら気に入らないらしく
「もう一枚!」と再度撮影。
ありがとうございました、とカメラを受け取りに行くと
「ボク、センスないんで・・・どうですか?」という。
画像チェックするとサクラがどこにも写ってなかった。

IMG_0393.jpg


西郷どんとつん。


そして上野動物園へ。
小学校の頃パンダが来たときに来て以来初めて。

春の陽気だったので割と人が多かった。
だいぶサビれたイメージを勝手に抱いていたがとても面白かった。



サイコーにかわいいリンリン。
Img_0404.jpg



サル山はドラマティックだ。
IMG_0410.jpg



思ってた以上に興奮してしまい、全然順路をすすめない。
が、なま焼けのジャンボ焼を半分捨てた○ジマの機嫌が
空腹のために悪くなってきたので、そそくさと上野動物園終了。


その後、給水ポイント経由で、
東京といえばもちろんここ!!
なにげにのぼったことなかったんです。


IMG_0421.jpg




東京の中心→みんながここを見てる→そこにいる→みんな私を見てる
ヘンに興奮。

IMG_0415.jpg



そして、友人ふたりと合流し、築地でお寿司。


新宿のライブバーに移動し、
おじさんたちに紛れて太鼓腹抱え踊り狂う。


「去り行く江戸をねっとりまったり粋に満喫大プロジェクト」

とはニュアンスが違うかんじになったけど
ちょっと大人の修学旅行といったところ。

かなり楽しかったです。
Mt.ダンボールの隙間から
2007年 03月 01日 (木) 20:06 | 編集
引越しマーチ。

・・・March。


マーチどころか、ハードロック。


物を大切にしたいから、よ~く必要かそうでないか
分別して、いらないものは簡単に捨てたりせず
リサイクルやオークションに出そうと早めに始めた荷造りだったのに、
売れども捨てども減らぬ物たち。

ダンボールにつめてもつめても
部屋の面積は狭くなるけど一向に片付きゃしないよ。

一体みんなはどうしてるんですかっ!?
こんなに大変なのは私だけ????
ぐおー


若気の至りで塗ってしまった洗濯機のペンキを
1日かけて落としながら誓う。


これからは簡単に物を買ったり、拾ったり、細工したりしない。


ぷちリフォームしてたトイレを元に戻すのに半日。
巨大な木の板をゴミ袋に入れるためノコギリで切ること半日。
歯をくいしばって、ドライフラワーや今まで拾い集めた木の実を
可燃ゴミ袋に入れる。
残ってたペンキを捨てるために画用紙に塗りたくって乾燥させてたら
においが部屋に充満して眩暈がした。
部屋の掃除でプルメリアを1日外に出したら
寒かったらしく越冬した葉がすべて落ちた。(T T)



そんなつらいことも、先月選びに選んで購入した家具
に合わせて新居のコーディネートを妄想しながら乗り越える。

たくさんの物たちに感謝を述べ、別れを告げ、部屋を掃除していると
色々な思い出も甦る。


年末、例によって掃除をしているとクローゼットの中から
見慣れぬ緑の服を着たプーさんが出てきた。
私のものではない。
夫のものでもない。

つまり、夫の昔の元アレのだ。

これ、どうにかしてよー。
と言っても生返事でとりあえず見えないところに隠す。
掃除するたびに発掘しては埋め、発掘しては埋め、の繰り返し。

いい加減にキレかけたら「捨てていいよ」という。
ぬいぐるみを捨てるのはイヤなので
リサイクルショップに持っていったけれど
店のスミでグチャッと売られている
UFOキャッチャーの景品とおぼしきぬいぐるみ達と並ぶことを
想像したら忍びなくなって持ってかえってきてしまった。
プーさんを抱きしめながら「ごめんよごめんよ」と謝る。


・・・待てよ?
そもそもなんで私があやまらなくちゃいけないのだ??

また二人で処分の方法を悩みに悩んだ結果、名案が浮かんだ。

実家の愛犬のおもちゃにしよう!!


お正月名古屋まで持ち帰り、犬にあげようとするとそれを
母が「かわいそう!!」と阻止した。
愛犬のおもちゃ(ぬいぐるみ)はすべて目をくり抜かれ
中綿がそこから飛び出しているからだ。


あぁ、どこまで感情移入しなければいけないのか・・・。


苦悶した末、母にプーさんを委ねた。










夜、私が寝ることになっている客間のベッドの枕もとに
緑の服着たプーさんがいた。




もうぬいぐるみは買わない、持たない、持ち込ませない。



そんな思い出とともに生まれる新たな誓いの数々。

そしてまだまだ思い出作る気いっぱい。


そんなこんななのであんまり更新できてませんが
こっそりのぞいてくれてる方々、ありがとう!

机を分解したので床から更新中。

copyright (C) 石塚アキの日記 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。