FC2ブログ
石塚アキの日記
那須のおたんこ通信
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大味噌日
2006年 12月 31日 (日) 17:31 | 編集
旧友7人、108つの煩悩を叩き潰しに山へ。


「鐘を落とす」ことを目標にしている男どもが
2007年の真新しい闇に下品な音を轟かせた。

その後に続き、音の加減がつかめないまま
十数年ぶりに鳴らした私の鐘の音はなんとも情けなく




ぼよ~~~~ん・・・・・・・




周りからもれる失笑。

大丈夫か、私2007!!




人に惑わされない年にしよう、と誓う。
スポンサーサイト
大晦日イブ
2006年 12月 30日 (土) 17:51 | 編集
帰省ラッシュを避けるべく朝4:00起床。
出発時、車のデジタル時計を見ると4:44。
・・・どうぞ無事に着きますように。

もちろんまだ夜。
首都高もスイスイで、東名では白み始めた空に
富士山が浮かぶ。

061230.jpg



ちょうど日の出の時分に由比を通過。


一箇所、逆さまになった軽自動車と追突したらしい家族を乗せたセダンの
横を通過したものの大した渋滞もなく10時前に名古屋到着。


お花携え、そのままご先祖さまのところへ直行。
すでに誰かが訪れたばかりという証拠に
まだ煙を上げているお線香と新しいお花が。

お盆やお彼岸や年末年始の墓地はとくに
あちこちからお線香の煙が昇り
色とりどりのお花が飾られているから
とてもステキだ。

花筒の残されたわずかなスペースに
ギュウギュウとお花をいれたらとてもゴージャスになった。

きっと喜んでいることでしょう!


水をかけていたら「冷たいッ!冷たいッ!」と声が聞こえてきそう
で、次からは魔法瓶にお湯を入れてきてあげようかと思うが
それはちょっと要相談だ。
2006年総まとめ
2006年 12月 29日 (金) 18:23 | 編集
ありがちだけれど、私の今年1年を漢字ひと文字で表すなら


「結」


文字通り大好きな人と結ばれ、
大切な家族や友人とのつながりも改めて感じ、
今までやってきたことが未来へとつながった。
20代最後を結んだ忘れられない年。

旧友との忘年会では
私たちの引越し、二組の婚約発表、
今までの会社を辞めて新たなスタートを切るという友人の
発表で、ちょっとした発表大会になった。

もうひとつの忘年会でそろったメンバーは
今年から東京で新生活を始めた二人の友、
希望学校に合格し春から通いだす友、
来年夏からの留学に向けてきついバイトを始めた友、
来年半ばにパパになる友。


だれもがみんな新しいスタートをきる。
今、私の周りはそんな空気が色濃い。

うん、きっと世界のそこら中で常にいろんなスタートが
切られているんだろうな。
と思ったら部屋の床をすみずみまで磨いている
その手に力がこもった。キュキュキュキュキュー!!


結んだものを、大切にしていかなくちゃ。


周りからエネルギーをもらって
また来年も楽しくてドキドキしてハッピーな年に
なるように頑張る!!
そして私のエネルギーも周りに届けられるように!



来年の抱負は・・・


うふふふふふふふぅ~ぐふっ・・・、



・・・やりたいこといっぱいあります!!




来年もどうぞよろしくお願い致します。


来たれ、2007!!

(掃除に疲れたのであと2日冬眠しますzzz)
夢見鳥
2006年 12月 23日 (土) 10:12 | 編集
このところ夢見のすこぶる悪い日が続いていた。

足元で火事が起きて、炎は大きくはならないのだけど
必死で消そうとしても絶対に消えなくて泣きながら
一生懸命消そうとする夢。

とか

闇の海をどうしてもカヌーで漕ぎ出さなくちゃいけなくて
頑張って漕いでいるんだけど、途中から方向が分からなく
なり外海に流されそうになる夢。

とか(他にもたくさん見たんだけど忘れた)
一夜にして悪夢三部作の日々が続き
叫んだり、訴えたりしながら心臓バクバクで
起きる連続。
割と夢の記憶が現実のようにくっきりしている私は
毎朝、寝起きなのにぐったりげっそり。

あんまりひどいものだから、よく見るネットの夢占いで見てみると
登場アイテムのほとんどが「将来が不安」という暗示だった。

本当に不思議なものだなぁと思う。

起きてる時間はあまり気にしていないと感じていても
やはり潜在的に意識しているのか、それが夢となる。

起きてる時間にあまり考えない分、夢で無理矢理考えさせられる。

こういうものの絶対量ってのが決まっているみたい。


こうなっては根本的な問題が解決しない限り
悪夢の日々とさよならすることはできないだろうけど
とりあえず毎晩これじゃあ身体がもたない。

アロマキャンドルをつけて思い切りラベンダーフレーバーを吸い込み
脳味噌にリラックス指令を出してみたり
枕の下に沖縄の写真集を入れてみたり
寝る前にリフティングやら腹筋やら運動してみたりしたけど
効果ナシ。


他の解決策を模索していたところ
北枕だったことに気がついた!(いまさら)

その晩より、一番夢見がましな方角を探すべく
ひとまず90度ずつ回転することに決めた。


「今まで」
06122301.jpg




「2日目」
隣人の感想 「窒息するんじゃないかと心配で何度も起きた」

06122302.jpg






「3日目」
隣人の感想 「蹴られるのがこわくて何度も起きた」

06122303.jpg






「4日目」
隣人の感想 「足向けられてちょっとやな気分」(ごもっとも)

06122304.jpg








結論:どっち向いて寝ても悪夢。



ならば、と結局また北枕に戻り、悪夢を甘んじて受け入れることに。

しかし連日連夜続いた悶絶も一昨日の晩で終了した。


安心したけど、

「本当に私は単細胞なのかも」と新たな不安因子発生。
ひかりの道
2006年 12月 21日 (木) 22:57 | 編集
はっっ・・・!!



前回の日記からもう一週間たってたなんて!!!





先が真っ暗闇で、その暗闇は時間が経つごとに迫ってきてた。


この一週間不安で、こわくて、さみしくて、
つないだ手だけは離さないようにしてたけど
お互いブルブル震えるのがその手を通して分かった。
リミットが迫ってきてた。





それが、昨日、パァッ!!!と照らされました!


道が開けたのです!!




大好きな人が大好きなことをしてる、
それを見られる幸せ!!



来春から、もっと光と自然が溢れるところへ!!

楽しいことがいっぱい待っていそうです!!
最果ての島より
2006年 12月 15日 (金) 08:53 | 編集
夫が小学校時代一緒に虫取りなどしていた友人は
虫好きが高じて高校卒業と同時に、世界最大の蛾ヨナグニサン
いる与那国島へと渡った。

↓ヨナグニサン(clickで原寸大)

06121501.jpg




先日与那国に行った時に彼と会った。
できたばかりで窓から最高のロケーションが眺める
宿を確保してくれたのも彼だ。

現在彼は与那国の観光名所である昆虫館「アヤミハビル館」の職員として
働いており、そこにはほとんど彼が採集した虫が展示されている。

私は初めて彼と会ったのだけれど名前こそ内地風ではあるものの
見た目も話し方もまったくの島人。
内地からの移住で苦労も相当なものだっただろうけれど
今や、多くの与那国のガイドブックやテレビ番組に出る有名人だ。

数年前、飲酒運転で信号に激突後、川に落下、頭蓋骨陥没で
ヘリにて本島に搬送されてから、そこの信号には彼の名前がついている。
毎年開催される島一周マラソンの上位ランク走者であり
伝統行事ハーリー(部落対抗の競艇)のエースでもある。
このハーリーは島あげての戦いであり、彼のいる部落のチームはいつも
強い。彼は部落代表のハーリー選手であることを誇り、
「この村を引っ越すぐらいなら実家に帰る」という。

島をとても愛し、部落を愛し、そこに住む自分に誇りを持っている彼は
私たちをどなんの花酒(泡盛の古酒・60度!)で歓迎
しながら島の話をたくさんしてくれ、最後にはロレツの回らない言葉で
「来てくれてありがとう」と何度も何度も言う。
そんな彼を、私は出してもらった味付けもずくの入ったドンブリを抱えて
ずった温かい気持ちで見つめた。


帰り道千鳥足で肩を組みながら歩く夫と彼。
別れ際、「次の全島マラソンでは絶対優勝するから」と宣言した。



そんな彼から今日手紙が届いた。
八重山毎日新聞のコピーの裏に「いつか一緒に走ろうな!」とメッセージ。




061215.jpg




優勝おめでとう!!みのるくん!!
サンタさんへ
2006年 12月 14日 (木) 18:54 | 編集
ゼルダの伝説 トワイライトプリンセスをください。




Wiiでなく、キューブでいいので・・・
≫ "サンタさんへ" の続きを読む...
ポリシー
2006年 12月 13日 (水) 19:24 | 編集
先月受けた名刺作成の仕事の報酬を、今日受け取った。



青森に住むお客さんである。




私の仕事の報酬はこれで!とお願いしていた。




へんてこなのし付き。






06121301.jpg





うふっ






06121302.jpg





わぁ~~~~!!
今年はりんごにとても恵まれているなぁ!!







報酬はご当地名産品でお願いしておりまーす!!
ヨメ一年生
2006年 12月 12日 (火) 22:16 | 編集
06121201.jpg



寒い日の味噌煮込みはやっぱり最高だなあ!



夫の家族は味噌煮込みのことを「みそにこ」という。

「み」ぐらい言えば?とはまだ言えない。
しずかに薬膳茶ブーム点火
2006年 12月 11日 (月) 17:48 | 編集
先日横浜に行った時に中華街で食材を物色した。

どうにも薬膳茶が気になっていたのだ。

きっとああいうものは飲みつづけてこそ効果が出るに
違いない。

てことで、レイシ、バラのつぼみ、ハイビスカス、クコの実、
松の実、ローズヒップなど購入。

それから店員のおじさんと話しこんでるうちに
カキの葉茶、びわの葉茶、はすの葉茶も購入。


■カキの葉
ビタミンCが豊富に含まれ(レモン果汁の約15倍)、
熱に強いので、お茶の中に成分がたっぷり溶け出します。

■びわの葉
体内の水分を排出して、水太りを解消する効果があると
いわれています。

■はすの葉
生活習慣病に良いといわれています。(←かなりアバウト)


あんまり色んなお茶飲んだことなかったので
へぇ~っていう感じ。

ウコン茶やゴーヤ茶は好き。
でもこんぶ茶、甜茶は苦手。

こうなったらどんな葉っぱでも煎じて飲めそうな気が
してくる。
むしろ、飲めない葉っぱはあるのか?

ルイボスティーやマテ茶も気になるところ。



この冬は「はすの葉茶」をはさみつつ、利き茶に夢中になりそうな予感。
コトー先生、記憶の一部を消してください
2006年 12月 10日 (日) 20:21 | 編集
与那国島行きの飛行機で蒼井優と同じになり、
着いた島の港で白衣を着て自転車に乗る吉岡秀隆を見、
志木那島診療所で記念撮影をしたので、
これを機会に「Dr.コトー診療所」を見ることにした。(遅い)

テレビで見たことなかったので、まずビデオ(DVDはレンタル中だった)
で去年のシリーズから見始める。

暗い内容だけどハマるし、映る風景が懐かしい。

ひととおり涙しておいて、次を借りようと行ったら
なぜかビデオ②だけナイ・・・。
レンタル中なわけではない。
そもそも在庫してないのだ。
なぜだ・・・??
不思議なレンタルビデオ屋!



仕方なくDVDが戻ってくるのを待っていた。



が、先日うっかり2006をテレビで見てしまった。


すると、蒼井優が志木那島に来た秘密や
柴咲コウがいない理由まで一気にネタバレた。





父さん、ボクはショックだったわけで・・・。





横浜にリオ
2006年 12月 09日 (土) 19:50 | 編集
大好きな saigenji を聞きに、MotionBlueへ行く。

弾む歌声とトランペット、トロンボーン、ベース、ドラム、パーカッション
が鼓動と共鳴する。

熱い日差しとゴツゴツした街並み。
たちまちブラジルの風景に包まれる。
行ったことないけど。


ブラジリアンミュージックはどうしてこんなに
身体の芯に響き、骨を震わすんだろ。



楽しくて、嬉しくて、幸せ!




手拍子と口ずさむ歌がまるでちぐはぐ(リズム感欠如)。


だけどそんなの気にしない!!


saigenji 、最高!!




ライブの後熱くなった身体で出た横浜の夜は、とても爽やかで
心地よかった。


061209.jpg

忘年会ラッシュが始まるあなたへ
2006年 12月 07日 (木) 20:18 | 編集
061207.jpg

植物のちから
2006年 12月 04日 (月) 19:26 | 編集
手塩にかけて育てているプルメリアの枝が、ボキッと
折れているのに気がついたのは、台風が過ぎ去った9月のある朝だった。





06120102.jpg



ブラーーーーン・・・・


と育ちざかりの枝が皮一枚でぶら下がっているのを
見た瞬間、失神しそうだったところを窓枠になんとか
しがみついた。
まるで自分の片腕が折られたような悲しみに打ちひしがれ
たけれど、消えゆく生命の炎を絶やしてなるものか!と
泣きながらプルメリア情報をネットで検索検索!
あまりにもメリッと折れたものだから、挿し木にするのは
心配で事細かい症状をプルメリアに関する掲示板に書き込んだ。
すると、親切な方がすぐに返答をくれた。

「AKIさんのプルメリアの元木はそのまま普段通りに育てていれば
脇芽を出すので問題ありません。折れてしまった方は、水分が蒸発
しないように、まず『すべての葉を取り除きます。』そして『数日
間切り口をしっかりと乾燥するまで乾かして置きます。』水に浸け
たりしないようにしてください。それからルートン(発根促進剤)
を切り口に付けてから小さめの鉢に培養土で植え付けてください。」

うぉう!!見ず知らずの人間なんかになんて親切なんだ!!
うぉう!!ネットってなんて便利なんだ!!

言われたとおり折れた方は乾燥剤を巻きつけて(曇りで湿度の高い日
が続いたため)、数日乾燥させてからルートンという粉末をまぶして土に植えた。
元木の方は切り口が痛々しいのでトップジンMペーストというもので傷口の殺菌をした。

果たしてあんなカラカラのところから根がでるのか・・・?

思い出したときに水をやり、そのまま放置すること2ヶ月。


しばらくはなんの変化もなかったのだけれど、11月半ば過ぎから
なんだかシワシワになってゆくプルメリア。
あぁ、失敗か・・・。

落ち込みながら、土から挿し木を引っこ抜いたら



そこには根っこが・・・!!


初々しいベビーホワイトな根っこがつつましく、
それでいて逞しく、ムキッと。



生命の神秘よ・・・!!


感激です。


想像以上に植物は強い。


数年後これも花を咲かせて見せるとここに誓う。


なめらかプリン
2006年 12月 03日 (日) 10:06 | 編集
昨日のナイナイサイズ「プリン選手権」で
なんとなんとご存知「なめらかプリン」で有名なPASTELの
パティシエがテレビ初!「家庭で簡単なめらかプリンの作り方」を紹介したのです!!


もうその放送で、夜半過ぎからプリン食べたい熱発症し
本日早速、家庭で簡単なめらかプリン作りました。


☆☆家庭で作れる簡単なめらかプリン(5~6人分)

★カラメル(材料:グラニュー糖120g、水40cc)
(1) グラニュー糖を火にかける
(2) 全体に色がついてきたら、ゆっくり混ぜる。
(3) 沸騰したら、お湯を少しずつ注いで溶きのばす。

★プリン生地
(材料:グラニュー糖60g、卵黄4個、牛乳250cc、
    生クリーム250cc、バニラエッセンス少々)
(1)卵黄とグラニュー糖を、泡立て器で白っぽくなるまで混ぜ合わせる。
(2)鍋に牛乳と生クリームを入れて中火にかけ、約50℃に温め、①に加え、
 さらに、バニラエッセンスを加えて全体を混ぜる。
(3)50℃になったら火をとめ完成!器に注ぎ入れる

★蒸し焼き
(1)器の表面をホイルでフタをする。
(2)沸騰したお湯の中に器を入れる(水かさは器の半分くらい)
(3)鍋にフタをして、(弱火で15分蒸す。)




蒸しま~す。

06120301.jpg



できた~~~~!!! ふわ~~~~~!!!!

06120302.jpg



と~ろ~け~る~!!

06120303.jpg





難しいってイメージだったけどこんなに簡単にできるなんて感激!!
しかも本当にパステルの「なめらかプリン」そのまんま!!

食べたいときにすぐ作れそうですごく嬉しいなッ!!
素晴らしきキャノン
2006年 12月 02日 (土) 09:40 | 編集
11月3日の日記でデジカメが
壊れたことを書いたのだけど、その修理の回収が始まったので近所のカメラ屋
さんに持っていった。

マイカメラ、すでに購入してから4年が過ぎているが
内蔵CCDの不具合による故障は無償で修理するというもの。


ほくほくしながら受付に渡すと店員が言った。


「どうやらcanonのほうで代替部品の製造が追いつかない状態で
 お客様には申し訳ないのですが、新機種との交換で対応させていただくことになりました」





・・・・え?・・・なんですと?



詳しくはcanonに直接ご連絡くださいとのことで
家に帰って速攻電話。

新機種との交換および現機種に付随し
購入した別売りアクセサリーも新機種対応製品で交換


とのこと。

つまり4年前に購入したIXY200aは今年の4月発売されたIXY800isになるそうな!
そして、小汚くなったソフトケースも、メモリーカードも一新。



ふ、ふ、ふ、ふ、ふんがーっっっ!!




鼻血でそう・・・!!


キャノン、すんごいね!!




そして本日到着。

新機種とレザーケースと約300MBのSDカード!!

061202.jpg



企業のクレームや不具合製品への対応が数年問題視されているせいか
キャノンは、それはそれは素晴らしい対応をしてくださったのでした!!

いい会社!!

最近プリンターも買い換えたのでかなり充実です☆
今年のクリスマスには
2006年 12月 01日 (金) 09:17 | 編集
毎年クリスマスを満喫する音楽はなんですか?

割と毎年オールディーズで、
ビートルズの「war is over」だとか
carpentarsの「merry little christmas」だったりするけど
今年は大好きなnoonがクリスマスアルバムを
出したのでヘビロテです☆☆

Holy Wishes Holy Wishes
noon (2006/11/08)
ビクターエンタテインメント

この商品の詳細を見る



う~ん!!  カフェオレが似合う・・・!!


こんな声になれたらなぁ・・・っていつも思う。
ステキな声の人って本当に羨ましい。

美しい歌声で、大切な人をお祝いしたり
励ましたり、ときには慰めたりできたら
どんなにいいだろう。

はぁ~・・・・ウットリ・・・。


声。声。


人魚姫は王子様に想いを伝えるために
その美しい声と引き換えに2本の足をもらった。



そのくらいのもの。

copyright (C) 石塚アキの日記 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。