FC2ブログ
石塚アキの日記
那須のおたんこ通信
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
てぃーだ
2006年 05月 31日 (水) 10:53 | 編集
夏のひざし。


ぐんぐん上がる気温。

道路の照り返す光。

草のにおい。

時折吹く風。

飛び回る虫。



夕方電車の中からオレンジ色の太陽を見た。

数秒見ただけなのに網膜に焼き付いた。

燃え続け、私たちの世界に光をもたらす太陽の威力。

すんごい。



私の植物たちも育つよ。


ピョコーーーン!!!

060531.jpg





天照大神、ありがとう!

スポンサーサイト
ストレス一考
2006年 05月 30日 (火) 11:38 | 編集
ストレスを感じるとすぐ肌荒れしてしまう体質。

仕事が忙しかったり、悩んだりすると
決まって3日後くらいには肌荒れ。ああ、いやだいやだ!


人によってストレスの症状は、食欲不振だとか便秘とか
頭痛とかいろいろだけれど肌荒れはイヤだなあ!


と考えていたら、そもそもストレスってなんだ??
と思い始めた。
もはやストレスという言葉すらストレスだ。

ストレス発散も大事だけど、その前段階の対策として
ストレス感じないようにするにはどうしたらいい?

アホになればいいのか?

「今日、仕事で大失敗した!やったー!!」

「彼氏にフラれた、やったー!!」

「車ぶつけちゃった!やったー!!」

こうすればストレスゼロ!
肌荒れサヨナラ!!やったー!!

ということになる。
ストレスは百害あって一利なし、と思っていた。
一見、何も考えてなさそうな動物もやっぱり
ストレスを感じ、それに伴ってホルモンだか
フェロモンだかの分泌が悪くなったりするらしい。
それならなぜ、ストレス社会といわれる状況に対して
ストレスゼロにする薬とか開発されない?
食品開発されない?いや、されているのか?
ストレスゼロに対する弊害ってなんだ?

詰問したら友人が調べてくれた。(正確には調べさせた)

ストレス概論


要は、ストレスをまったく感じないことに慣れると
外からの情報に対して無力になるということなので
すね。(そのまんま)

確かに
「あんた、もう会社来なくていいよ」「ほぇ~」
とか
「もうキミには付き合いきれないよ」「ほぇ~」

じゃ、どうにもこうにもだ。
世の中アホばっかりだったら大変なことになるし。
なるほど~。

じゃ、外からの情報を全く入れず
自分だけの世界で生きていけば、とも思うけれど
多分天気や温度によっても少なからずストレスは
感じるはず。

程良いストレスによって人は学び、戦い、成長していくのですね。

ということは、どれだけ勉強してなくても
生きている限り人は戦い、成長しているってことか。

つまり、このニキビは戦ってる証、栄誉の負傷ということか!!

ふふん!!







みんなのものは私のもの
2006年 05月 29日 (月) 12:28 | 編集
前回からちょっと時間が空いてしまった。


ディスプレイの配置替えがあったらしく
一瞬見つからなくて焦ったけれど、いましたいました!

06052901.jpg



オウギバショウ。
マダガスカル産。
石垣島では防風林となってさとうきびを守る。
茎の部分は乾燥させて芭蕉布に使われる。
別名「旅人の木」。
1980円。

ものすごく欲しい。
かれこれ想い続けて10ヶ月。
毎月1回は、近所のホームセンターにその存在を確認しにくる。
もしも売れていたら軽いパニックに襲われるかもしれない。

でも買わない。

だって、ウチはいまいる植物たちで手一杯なんだもの…。
これ以上買ったらジャングルになってしまう…。

でも欲しい。

のらりくらりの葛藤が毎月一回の偵察になっている。


私にはこんなかんじで手に入れあぐねている物が
各地にあるのだ。


そういえば青山にある雑貨屋の合鹿椀。

06052902.jpg



理想の合鹿椀を探し続けて
「素材、大きさ、色合い、まさにコレ!!」
っていうものが見つかった。

ひとつ3500円だか4000円だか。

今持っているお汁椀のことを考えると
どうにも踏み出せないで半年が経とうとしている。
しかし青山に行くたびにその存在を確認する。
写真まで撮っててウチに帰っても
気になっているのにいざ店に行くと
また今度来よう…という具合だ。

買えばすむんですが、自分でもよく分からない。

池袋のインテリアショップのソファーだって
ソニープラザのマシュマロだって
コジマ電機のペンタブレットだって
ケメックスのコーヒーメーカーだって
近くのリサイクルショップにあるチャーチチェアーだって

定期的にチェックしてる。

あ~~、定期チェックで一年終わりそうな勢いだ。
こうなったら日本中にあるもの自分のものと
考えて、売れてしまったら「貸してあげてる」
と思えばいいのかも。
みんなのものは私のもの。ジャイアン的理論で
いけば問題なしか。

ということでそこらじゅうに私の見回りポイントがあります。

あなたが今日買った物、実は私がキープしてた
やつかもよ?
開花宣言
2006年 05月 28日 (日) 12:53 | 編集
近所の公園で友人とリフティングの練習をしていた。


疲れたのでキャッチボールに変えた。



昔から球技は苦手だ。

飛んでくるものがあったら、つかむどころか
目つぶって頭抱えてしゃがむ。

当たると痛いもの。

ドッヂボールも早いとこドサクサにまぎれて
当たってコート外に出てたクチ。

ドッヂボールで必要以上に燃えてボール投げてくる
人の顔がこわいもの。


なにしろ球技はほとんどの場合チームプレイなので
参加すれば周りに迷惑をかけるのも明らか。
なので、自然と球技を使わない個人競技を
楽しむようになっていた。
水泳、テニス、剣道、スキー…。

ところがどうだろう!

以前なら思い切り前に投げたボールは
3メートルうしろに落下していたような有様なのに
それはそれは真っ直ぐ、しかも気持ちのいいスピードで
15メートル先のグローブに入るではないですか!

パンッ!!


グローブに包まれるマイボー。
嬉しくて何度も何度も投げる。
調子に乗ってソフトボール投げすると
またまたストライク。

気分良く帰ったあと、スーパーに行き
4メートル先に置いた買い物カゴに
投げた即席赤だしストライク。
数センチ先のゴミ箱にすら入れられなかったのにね。


ああ、自分がコワイ。


開花しちゃったみたいよ、隠れた才能が。

(マイナスがゼロになっただけ、って言わない)



ハイ、右腕筋肉痛。


開花するの遅いよぅ…
栄養過多
2006年 05月 27日 (土) 11:42 | 編集
060526.jpg



いつもまけてくれる八百屋に押し売りされた


オバケシメジ


全長10センチ。

笠の直径6センチ。




ベーコンと一緒にオムレツに入れたら
1本で十分だった。

ハンバーグのキノコソースは
キノコのハンバーグソースになる。

なんてお得!

巨大なシメジを私に売った八百屋は逆に
損してるかもしれない。
しばらくキノコは買わなくてすむからね!




笠だけ見たらシイタケ。
縦に切ったらエリンギだ。


もはやこれをシメジと呼ぶ人間がおろかにすら
思える。




食べ過ぎて大きくなりすぎたブタサイズのミニブタ。

馬のような犬。

見た目オッサンの少年。

ギャル風なオバちゃん。

アリの時間、象の時間。

私にとっての1億円と、ビル・ゲイツにとっての1億円。


………。


???


なにが言いたいのか分からなくなってきた。

固定観念?価値観?

いや、なんにしてもとらわれないことは素晴らしい。


巨大なしめじを見つめて思いを馳せる春の夜。


夢そして希望
2006年 05月 25日 (木) 10:10 | 編集
今いちばん、なりたいもの




それは









福山雅治のハーモニカ











本日最終日
2006年 05月 24日 (水) 09:48 | 編集
展覧会「旅の原点」

本日終了いたしました。


行ってくださった方も、
行こうと思ってくださった方も、
皆様、本当に感謝しています。

ほんとにほんとにほんとーーーーーうに!!

ありがとうございました~!!


060524.jpg

目眩
2006年 05月 23日 (火) 12:54 | 編集
普段お世話になっている人がこのほど
石垣島に旅行に行くというので
簡単な案内やおすすめスポットをちょっとした
パンフにして渡した。

その人が旅行から帰ってきた。

「すごく役に立ったよ」といい、お土産をいただいた。


バッグから出てくるお土産。

「ハイ」 塩せんべい 「わぁ!!懐かしい!!」

「ハイ」 さんぴん茶の葉 「大好き!!」

「ハイ」 ヒバーチ(石垣のこしょう) 「やった!!」

「ハイ」 宮古みそ 「え、こんなに?」

「ハイ」 沖縄そば(2袋)とおだし「まだあるの?!」

「ハイ」 サーターダンダギーミックス「え!え!」

「ハイ」 こーれーぐーす(唐辛子漬け泡盛)「…ちょ、ちょ」

「ハイ」 海ぶどう「……待って!」

「ハイ」 乾燥アーサ「……待って待って!!」

「ハイ」 ホワイトマース(石垣の塩)「…あ……」

「ハイ」 ざわわ(絹ごし粉黒糖)「………」

「ハイ」 シークヮーサーしょうゆ 「………」

「ハイ」 ゴーヤドレッシング「………(泡ブクブクブク)」



目眩がした。
「役にたったよ」ということばだけでもうれしいのに。
はじめうれしさの余り興奮して必死に写真撮影してたけれど
じょじょに何とも言われぬ気持ちが込み上げてきて
じわーと涙が込み上げてきて、
しまいにはお土産目の前にオーイオーイと泣いてしまいました。
 
06052301.jpg


  
重いのに!こんなに!

う、感動が書きながらまた甦ってきた。

うまく説明できないけれど、
単にうれし涙といいきれないこんな涙、はじめてかも。

それにしてもお土産目の前にオイオイむせび泣く28って。
ああ、恥ずかしい。


060523.jpg




ひとりでふたり~
2006年 05月 22日 (月) 22:25 | 編集
ふたごちゃん発見。らららら~



右脳に油を注しに
2006年 05月 21日 (日) 22:02 | 編集
だいぶ右脳の動きが軋んできたな、と
感じてたのでビックサイトまで。

デザインフェスタvol.23

ひさびさのビッグアートイベント。
1年ぶりに足を運んだこのイベントは
前にも増してスケールが大きくなっており
2フロアーにわたってブースが所狭しと
ひしめきあっていた。

到着と同時に鼻息が荒くなるのをおさえきれず
一番隅からひとつも見落とさないよう注意深く
まわった。

色んなアーティストと作品を見て、
表現を通して個性を感じ、
また、以前に出会った作家さんとも再会し
変わらぬパワーと努力を目の当たりにして
湧き上がるパワーに触発される。


060521.jpg



数え切れないほどの個性を感じることにも
やはりものすごいパワーが使われたようで
帰宅するなりバッグ持ったままベッドに倒れこみ
熟睡、というか失神?



2時間後目覚め、リ・ボーン。

うし。やるぜ。


このままで。
2006年 05月 20日 (土) 21:37 | 編集
外部から私が感じるイヤだなぁ、とかツライなぁとか
悲しいなぁ、という思い。
それらは思いっきり吐き出すほどのものでなくても
確実にホコリのようになって積もり私のフィルターを塞ぐ。

だから息がつまってもがく。

外から飛んできた砂で大事な文字が見えない。

そんなときに、ふぅっ!と息を吹きかけて
ホコリを飛ばしてくれる人。


この人のお陰で私は息ができているんだなぁ!



私もそんなことができるのかな。
誰かのもやもやをふぅっ!と吹き飛ばすことが
できるようになりたい。

060520.jpg



トルコキキョウの「春うらら」。
もう夏にさしかかっているけれど。
八百屋バブル
2006年 05月 19日 (金) 20:44 | 編集
恵みの雨が降り続き、野菜の価格がどんどん
下がっている今日この頃。

近所の八百屋さんの激安パワーがさらに強まっている。
そこの八百屋のお兄ちゃんとだいぶ仲良くなり
毎回ちょっとまけてくれたり、オマケを
くれたりする。
一緒に晩のおかずも考えてくれたりする。

その八百屋さんに並ぶ野菜の値段は2ケタがほとんどで
3ケタ突入すると高級品に見えてくる。
先日セロリを買いに行ったら
「今日は仕入れてないんです~」とすごく申し訳なさそうに
「今度は用意しておくので!」と言っていた。
翌日行くとセロリが127円で置いてあった。
なぜか私は「高ッ!」と思って見ない振りしてしまった。
(あとでものすごい罪悪感に苛まれたのは
いうまでもないが)

普段からものすごい安いのに、近頃それに加えて
量が増えて、ここは業務用スーパーか、というほどだ。
ニンジン10本入り90円、ネギ10本80円。

冷蔵庫に入るかなぁ、とか食べきれないよぅとか
別の悩みが発生してくる。
そこへおにいちゃんが
レタス4玉入り60円をイチオシしてきた。

ムリムリ!!食べきれないよ!

というと、
「ボクなんか水にさらして一回に2玉バリバリ
 食べちゃいますよ」
という。











060519.jpg




あぁ、大家族だったら大興奮なのになぁ!
顆粒飲めるようになったよ2006春
2006年 05月 18日 (木) 12:50 | 編集
ハイ、先日のプール開きにともない風邪を患いましたー。


あぁ。なんてなんてなんて、なんだ。
私なんて、なんてなんだ。


それにしてもいつもながら身体が弱れば気も弱ります。


ちょっとしたことに凹む。ことにも凹む。


さだまさしの精霊流しを聞いたり、
ごはんを温めずに食べたり、
服をいけてないコーディネートにしたりして
凹み度を煽り、しくしくしく。
そんな自分を嘲笑ケケケケ。
ああ、荒んでる。

そういえば
ある気に入ってるブログの筆者が書いていました。

「ブログを始めるときに私は楽しいことだけ書こう!と
 だけ心に決めました。
 だって、楽しくないこと書いても誰もハッピーに
 ならないからね。
 楽しいことだけ書いていると、あとで読み返したときに
 ハッピーになれる。自分が楽しかったことしか書かないから
 当たり前だけど自分の一番のファンになれる」

これを読んだときに「いいなぁ!それ!」と
思いました。なるほど、楽しいブログなわけだ!

いいなあ!

もとはといえば、私は展示会の告知と営業用に
このHPを作ったんだっけ。
割と自分の感情の浮き沈みを包み隠さず
喜怒哀楽万歳と思ってきたけれど
たしかにグチグチ書いても
せっかく見てくれる人からしたら
「だからなに?」だもんね。

よし!これからは楽しいことしか書かないぞ!







06051801.jpg






ってことで、持論やっぱり感情のブレは大きいほど
人生楽しいので、自己生態観察記としてこれからも今と
変わらずグチでもいいから記録し続けよう、
と心に誓った風邪ッぴきの一人相撲の夜でした。
オトコマエな手芸
2006年 05月 17日 (水) 22:22 | 編集
ずいぶん前にお気に入りのチェックのガーゼ生地を
思い切って大量に買い、ワンピースを作ったが
大失敗した。

これなら真ん中に丸い穴あけてかぶったほうが
まだよかった、というくらいの大失敗。

やぶれかぶれになって、もう見たくない!と
無様な残骸を引き出しの奥にぐちゃっと封印してから
どれくらいたっただろう。


そろそろまたミシンワークに乗り出そうと思い立った
矢先、気の毒なしわくちゃガーゼ発掘。
やはり生地はとても好きなので
準備体操のつもりでワンピースみたいな雑巾解体。

アンチ定規・型紙・アイロン・マチ針派の
独創スタイルを貫く私(その結果が雑巾)は生地の前で
目を閉じ、しばしイメージトレーニング。

こっちを縫ったら裏返してこう。
いや違う。
裏返してから縫って折る。
いや違う。
こっちから縫って表を縫う。
いや違う。



プチっ



回線ショートしました。
案ずるより生むがやすし、でイメージトレーニングの
意味もなく、見切り発車。(懲りない)

チェックは定規を使わなくても
柄を見てまっすぐ切れるので好きです。
(それでも曲がるけど)
濃い色は糸のほつれが見えにくいので好きです。

ほつれた糸は引きちぎります。
包装紙と封筒は破ります。
それでも一応女子です。


といってる間に完成。



06051701.jpg




声を大にしていいたいのは、この持ち手の部分の木が
1000円もしたということです!

まぁ、使えないことはないでしょう。

近くで見るとムダ毛だらけの
男気あふれるバッグですが。

06051702.jpg

聖書を読んだことありますか
2006年 05月 16日 (火) 13:40 | 編集
敬虔な信者でもなければ、無神論者でもない。

自分が信じて、敬うものといえば、ご先祖様と大地だろうか。

けれど、昔から教会という場所がとても好きだ。

日本のお寺や神社も捨てがたいが
やはり教会の中のステンドグラス、
パイプオルガンの音、修道女、神父、といった
存在に惹かれてやまない。

イタリアのドゥオモでのミサといい
フランスのノートルダム寺院でのミサといい
ひとつのものを信じる人々が一同に会し
ステンドグラスを通した淡い光と香の煙の中
目を閉じ、ひざまずき、祈る姿は
日本人の私にとって、とても衝撃的で官能的だ。

学生のころに受けた礼拝の授業はとても好きで、
(ミッションスクールだった)
ノルマ以上に礼拝レポートも提出したし
キリスト教の授業も熱心だった。
神父の説教は昔話みたいで面白かった。

けれど、幼い頃から家にあった
「旧約聖書」と「新約聖書」は
何度もトライしたけれど不可解すぎてすぐに挫折。

ノアの方舟、モーセの十戒、ソロモンの笛などなど
大体のエピソードしか知らなかった。

そもそも神話と聖書の違いさえままならない。

そんなとき
実家にあった阿刀田高箸

(念のため、『あとうだ・たかし』と読みます。
 今までに『あとだ こう』とか『あとう たか』とか
 阿藤 快と加藤タカが交じったような読み方する
 友人がいたので)
 

「旧約聖書を知っていますか」

06051600.jpg


「新約聖書を知っていますか」

060515new.jpg


の2冊。著者はエッセイとして聖書をダイジェスト版にした。
聖書を読み進む上で、私たちには考えずにはいられない矛盾さや
不条理さを踏まえつつ、信者ではない目線から
わかりやすく、かいつまんで書いてある。

お陰で聖書とはどんなことが書いてあるのか、
ということが分かった。
本物の聖書にもとっかかりやすくなった気がする。


彼らの思想のルーツを調べると
世界各地、神の名のもとに行われるテロや紛争の
深く複雑な背景が見えてくる。
そもそもの考え方が違うのだ。ということを痛感。

興味がある人にはオススメです。






本日プール開き
2006年 05月 15日 (月) 22:01 | 編集
ようやく体温と気温が水泳に適した季節に入って
きたので、今日をもってプール開き。

寒いのキライ。

ちょうど夕方6時から7時くらいは
ご飯時なので、ダイエットのオバチャンたちも
いないし、会社帰りのオジサマたちもまだまばらで
狙い目なのです。

混んでるのキライ。


案の定、プールはガラガラ。
半年ブランクのリハビリではゆっくり泳ぐ。
泳ぐというより浮く。

あああああ~~~色んなものが出ていくかんじ。



06051501.jpg



わずか半年で腕の筋肉が落ちた私は、
すぐにダルくなって足のみで泳ぐ。

プールの底のタイルにうつるそんな自分の
シルエットを見たら
ガラパゴスで進化した泳ぐイグアナを思い出した。


それにしても落ち着くわ~、水の中。
コポコポという水の中で聞こえる音は
頭の中のごちゃまぜになった色んな悩みを
ひとつひとつ整頓してくれる。




悩みも鼻水も脂肪も全部出てゆけ
キリンカップ
2006年 05月 14日 (日) 22:11 | 編集
ジーコジャパン。

プレイもさることながら
ビジュアルも端正な人ばかりだなぁと思う。
だから応援もさらに楽しい。(単純)


代表発表前の今、緊張が張り詰めた選手の表情は
まさに野獣。
フェロモンが電波に乗ってやってくるゥ~。

今、すごく見惚れてしまうのは巻。
はぁ~~~…(ため息)ス~テ~キ~…





前半は巻が出ていなかったので、視線は終始プリンス小野を追う。
プレイを見て選手を区別する能力は持ち合わせていないので
髪型と場所でなんとなく判別する。
小野は坊主頭だから追いやすい。

06051402.jpg


頑張って!頑張って!!
手に汗握る。

しかしなぜかいつも映像がアップになったら
サントスだった。(応援する資格ナシ)


06051403.jpg



今日、仕事で大阪からやってきた親愛なる友人が
青山の展覧会にわざわざ足を運んでくれた。
心から感謝です。

そして青山にいる彼から興奮気味に
「今、目の前で中田が走っています」
とゴールドジムの前から報告の電話。

展覧会に行ってくださる方、ギャラリーへ行く途中
ロイヤルホスト上にあるGOLD GYMを見上げたら
ルームランナーでオシャレ走りする中田が
あなたも見れるかも?

青山散歩~その2~
2006年 05月 13日 (土) 13:05 | 編集
搬入後トボトボ入ったカフェで注文した
ランチのホットサンドは
NYダウもビックリ(←使い方わかってない)、
原価を考えずにはいられないションボリなもので
余計ダウン~。
向かえにあるまい泉を眺めながらカツサンドの
つもりで食べておく。

なんにせよ、満腹効果とはすごいもので
3時ころには足取り軽く鼻歌まじりで
店を出た。

以前一度行って気になってたお店『ルバーブ』へ。

060512ru.jpg



マンションの一階。
こじんまりした木の床と木のブラインドの店内には
いろんな国の雑貨がセンス良く並べてあってうれしくなる。

チェコのバターナイフやスイスのピンチ、かわいい缶のハンドクリームを
見て、心は北欧にトリップ。

どれもこれもかわいかったけれど
購入して現時点で荒れ果てた我が家に置いたら

「あれ?こんなんだったっけ?」

と思うことうけあいなので今日のところは
目だけで楽しむことに。


そのまま246沿いに歩いてスパイラルマーケットへ。

スタイリッシュだけれど今はどこかで見たな、というものばかり。
紙の素材が変わってるレターセットやタグ類は
今後の制作の参考に頭の中へファイル保存。

そして母校(といってもほとんど来たことないが)の前で
ウェスレー氏に挨拶。


押忍。


06051205.gif


レンガの塀に沿って曲がり少し坂を下って
右手にある『オルネドフォイユ』

060512oru.jpg



フレンチアンティークを扱う有名な雑貨店。
フランスで行った蚤の市を思いだした。

うんうん、懐かしいねぇ

と見ているとレース用の木製糸巻きがある。
私も蚤の市でおじさんからねぎって買ったんだよね~

と見ると1本1000円くらい! ひぃ!!

5本300円くらいで買ったのに。うへへ

120cmくらいの長さのバスケットがとても気になったが
すでに4時30分をまわっている。

ああ、ああ!間に合わない間に合わない!!

近くにある気になるレストランの場所をチェックしてから
第一園芸経由で急いで渋谷に向かう。

来るたびに思うけれど、青山から15分くらい歩いただけなのに
こうも人種が違うものか。TOKIOおそろしや。

センター街は相変わらずお化けが生息していた。
ママチャリに乗った上下スエットライオン丸な女子の群れ。
今はこの生命体になんと命名されているのだろう?

そして目的地、HMVに到着。

ふふふ。
そう、私はJ-waveのヘビーリスナーなのです。
1日はジョン・カビラで始まり、ジョン・カビラで終わる。
(夜のジョン・カビラはJ-waveと関係ないが)
J-wave圏外の方には分からないかも知れないけれど
夕方、仕事からの帰り道で聞く
ピストン西沢と秀島史香の16:30から
始まる番組がかなりアホらしくて面白いのです。
そのスタジオが渋谷HMV2F。
平日のこの時間に渋谷にくることなんて滅多にないので
今日は一度収録を観てみようと意気込んできたのですね。

スタジオがあるHIPHOP・danceフロアーの2Fに直行。



ああっ!!



スタジオのガラス前に3列ほどの人だかりがっ!!


み、見えんがな~~~!!

060512hmv.jpg



ああああああ…

至近距離にいるのにモニターに映る二人を眺める私。

昔マイケルジャクソンのライブにドームへ行ったけれど
3Fの席から見えるマイコーは小指の爪より小さく
ダンサーと区別するのすら難しい。
結局モニターを見てたらテレビ見てるかんじになって
終る頃には熟睡してたっけ。
そんな苦い思い出がフラッシュバック。

あまり興味ないB-BOYがチェケラッチョポーズ決めてる
ジャケットが並ぶ棚ぞいを興味ありげに見る振りして
ガラスへとにじり寄るが空しい奮闘。

もしももしもあと5センチ背が高ければ
ピストンの目に止まった私はスタジオ内に呼ばれ
「今日はなにしに渋谷へ?」
「あ、展示会あるので」
「へ~、知り合いに雑誌編集者いるから紹介するよ」
そして私の絵を気に入った編集者は早速仕事を
頼んできて、その雑誌を見たNYの大富豪が
「トランプタワーにキミの絵を飾りたい」
といって
一躍トップアーティストへのシンデレラストーリーが
紡ぎ出されたかもしれないのにわずか5センチが
運命を分かつ。。。。ぐはっ

まあいいや。

あきらめてDVDのフロアーに移る。
探してたものが見つからず近くにいたスタッフに声を
かけるが返事もせず目で「なに?」と言っている。
ムカッ!
私がもしもミステリーショッパーなら絶対こいつは
レポート宿題の刑だ。
(HMVではたまに買い物客に化けたサービス評価官が
抜き打ちでチェックしにきて、評価の悪かったスタッフは
上司と面接&反省文を書かされるのだ)

でも、私はミステリーショッパーではない!

幸運なヤツめ。


イライラ気味ではあったけれど
なんにせよ、満腹効果とはすごいもので
カフェでお茶飲んだこともあって
3年ぶりの友人と会うことにもう血湧き肉踊る気分。

そして再会。最高。

直前に連絡したのに関わらず
仕事帰りに会いに来てくれた。ありがとう!!

かなり駆け足の一日だったけれど充実してた一日。
帰りの風の温度がとても心地よかった。

青山散歩~その1~
2006年 05月 12日 (金) 12:05 | 編集
昨日の東京は霧雨。

平日の東京お散歩は久しぶりだから
かなりワクワク。

行きたいところが色々あるのに
青山に着いたのは13:30。

お決まりのコースで搬入前にNADiffへ。

イベントスペースで
市川実和子さん・eriさん・東野翠れんさんの
『縷縷(るる)日記』

06051201.jpg


のインスタレーションをやってた。
なんだか霧雨シャワーの東京とピッタリで気持ちよく
しばらくぼんやり眺めた。

店内にフライヤーを置いてもらって
陳列された本たちを眺める。


そのとき、驚いた。本当に。


2日前、仕事中にパソコンのディスプレイを見続ける目が
すごく痛くなって、一息ついて窓の外を見た。
そしたら窓のすぐ横の電線にツバメが止まってた。

ああ、春だな。

と思ってツバメを見ながら
「そういえば『幸福の王子』ってお話があったっけ。」
と話の内容を思い出していた。
とっても悲しくてあったかいお話。


それが、あった。

06051202.jpg



人魚姫でもなく、ピノキオでもなく、赤いくつでもなく

『幸せな王子』 絵/清川あさみ
訳/金原瑞人 写真/今井智己

今年3月に出版された刺繍、布、レースのテキスタイルにのせた物語。


どうして本はいつもこんなに運命的なんだろう!



すぐ横にあった

『BROOCH ブローチ』/渡邉 良重 内田 也哉子
06051203.jpg


はグラシン紙で綴られたステキな絵本。
グラシン紙も最近気に入っていてホームセンターで
購入しライトを作ったり、手紙を書いたりしてたもの
だからこちらも少し運命感じた。

あとで買えばいいのに、搬入前に買ってしまい
ホクホク2冊の絵本と作品と巨大なバッグを抱え傘さして
歩く姿は青山に似合わなかった。

つづく
搬入完了
2006年 05月 11日 (木) 23:12 | 編集
例によって心も身体も環境も荒れすさぶ展示会前。


一発入魂。


両腕で作品抱え
搬入だ~~~い!と青山へ羽ばたく。

060511.jpg



ギャラリーに到着し、作品をおくと

あら、私の作品。

浮きまくっちゃってるよ。まくっちゃってるよ。



まくっちゃってるよ。




カラーというか、テイストというか明らかに
他のと違うの。

そのまま包みなおして持ち帰りたい衝動に駆られる。
が、そういうわけにもいかず
後ろ髪わしづかみされながらギャラリーを後にする。


人間の心理的にメジャーラインから外れると
どうにもこうにも不安で不安でたまらないものですね。。。

なぜだか、とっても凹んで
メールと電話で方々にかくかくしかじか訴える。


そんなとき


「それが素晴らしい個性。」





と言ってくれたあなたとあなたに
胸いっぱいの愛を。

ありがとう。
自信を支えるのはあなたのことばです。



近くにお越しの際はふらっと寄ってみてください。

そして鼻ほじりながらでもいいから見てね!
(でも付けちゃダメ)

よろしくおねがいしまっす。


-------

『旅の原点』

2006/5/12(金)~5/24(水)
休廊 5/18(木)
11:00am~7:00pm(最終日5:00pmまで)
OPAギャラリー

-------
デンタルショック
2006年 05月 09日 (火) 01:04 | 編集
火曜日は歯医者の日。

すっかり気に入って、ちょっとしたイベント気分。
今日はなんだろう?なにすんだろう~?


リクライニングチェアにもたれて天井みつめて
口開ける。
さ、好きにしてん。

なにやら歯に塗られているもよう。
ひと通り塗り終わったら、定番のキュイーーンと
いうドリル系で歯茎と歯の境界をなぞっている。

いつもなら
「なに?!今なにしてんの?!
 こ~ろ~さ~れ~るゥ~~~!!!」

と思うのに、この絶対的な信頼度。
まだ2回目なのに、私から信頼得るのって安イネ。

治療終了。
何の事はない、歯石をとってくれていたらしい。

「唇しびれてるかもしれませんが、麻酔ですから
 あと5分もすれば取れますからね」

んん??本当だ!唇シビれてる!!
歯石取るのに麻酔?!
注射じゃない麻酔?!
5分で取れる麻酔?!


あわわわわわわわわわ


歯石とるときの痛み!
麻酔の恐怖!
麻酔覚めるまでの歯茎かゆさ!

そ、それらがすべてNONよ!!


悪魔の使いじゃ


そうに違いない・・・



060509.jpg





知らない間に、ちょっと来ない間に
歯医者が進化してる…

ウッホッホな私…




それはともかく
現代文明のお陰で私の下の歯はツルピカはげ丸です。

来週は上。

つづく
フォーエバーヤング
2006年 05月 05日 (金) 20:05 | 編集
子供の日は、あくまで子供のための日。
人間みんな人の子。
つまりみんなの日。

かしわ餅食べながら歩いていると
鯉のぼりがお洗濯されていたので激写。

060505.jpg

ハイジになる
2006年 05月 04日 (木) 16:54 | 編集
研究所関連の牧場で働いている友人が近々岐阜へ転勤するので
遊びに行ってきた。


06050401.jpg



モ~~~~ッ!!

牛タンで手をベロ~ンと舐められたけど
ザラザラしてて痛かった。


06050403.jpg



搾りたての牛乳もご相伴にあずかった。
濃くて、モッタリしてる。おいしい!
タンクにシリアル投入してバケツで食べたい感じ。


06050402.jpg



豚舎。

ブーブーブーブーブーブーブーブー

激しいブーイングの嵐の中、奥まで入っていくと仔ブタが!
シッポがピョコピョコピョコピョコ高速で振られる。


ぐぁわいい~~~~~!!!

あ、鼻血が。


馬舎。

始めに迎えてくれたのは往年のGI優勝馬ウィナーズサークル。

馬をこんな間近で見たの初めて。
高貴な姿と、心を見通すような瞳はオーラがあった。
かっこいい。
昔の人がこんな馬にまたいで戦っていたかと思うと圧巻だ。

筋肉はたくましくしなやかだ。

あぁ、モンゴルの草原を走りたい!



06050404.jpg



今回一番楽しみにしていたヤギ舎。
ここの牧場には赤ちゃんヤギがたくさんいて
最近生まれて人工保育しているヤギにミルクを
あげれると聞いていたのだ。

仔ヤギを見た人は必ず、飼いたいと言うという。
私も例外ではなく。

ソプラノでメェ~とピョンピョンはねる仔ヤギを
黄色い悲鳴で追いまわす私。

06050505.jpg


ミルクを飲む様は、もう気絶しそうなくらい愛くるしい。


来世、ネルシャツにオーバーオール着たアンソニーに
なることを夢見て、お肉ご馳走になり帰還。

牧場の夢見よ。
祝日
2006年 05月 03日 (水) 16:34 | 編集
私たちには普段考えなくちゃいけないことが
たくさんある。

仕事のこと、趣味のこと、家族のこと、健康のこと、
好きな人のこと、友達のこと、将来のこと・・・。

考えることがたくさんありすぎて自分のことで精一杯の毎日。

だから社会経済のこと、国際情勢のこと、自然環境のことまで
なかなか考えられず、新聞を読んで情報を取り入れたり
募金したり、リサイクルしたりしてほんの微々たることで貢献
するだけだ。
考えることができたとしても行動にうつすまではほとんどない。

米軍基地移転問題に関して安全保障と国の防衛力について考えても
拉致問題のニュースで拉致被害家族の人生に思いを馳せても、
多内臓移植の少女の渡米とアメリカの医療支援体制について
考えても、だからって何かを行動にうつすまではいかない。

せめて知る。考える。


年に一度、真剣に。


祝日ってそういうためのものなんだなぁ、と遅れ馳せながら思った。

普段は専門家にお願いして、今日はこれについて考える日。


今まで、連休とか遊びのことばっかり考えていたけれど
本来の祝日の意味をちょっとだけ考えていました。

当たり前のことかもしれないけれど。
648
2006年 05月 02日 (火) 20:54 | 編集
GW、みなさまいかがおすごしでしょうか?

私は

6!4!8!(ム!シ!バ!)
6!4!8!(ム!シ!バ!)
0!2!9!(オ!ニ!ク!)

そう、648祭りなので今日は歯医者に行ってきました。


GWに虫歯治療なんてしくしくしくしく、と言っても
GWに他人の虫歯治療をしなくちゃならないお医者さんが
いるのだから泣いてもいられない。
ありがとうございます、歯医者さん。

歯医者さんに「どうしました?」とたずねられ
歯を、こう食いしばると痛いのだ、虫歯に
違いないとギリギリしてみせる。

「いつ頃からですか?」とたずねられ
「一年ほど前からです」と言ったら
「え・・・・そんなに前・・・?」と腑に落ちない様子。

とりあえずよ~く診てもらう。
なにやら空気吹きかけたり、棒でガリガリつっついて
確かめてるもよう。
「虫歯はないですね~」

そんなハズはない。もっとよく診て。もっと。

今度は手鏡を持たされ1本1本説明してくれる。
どうやら本当のようだ。

648、ないみたい。

虫歯にもまだなっていない、ちょっと可能性あるかもね、
って虫歯予備歯に1箇所すこし薬つけてもらって終了。


全然すっきりしないけど、とっても優しくて丁寧な
いい先生だった。
あの先生だったら予約をすっぽかさないようにしよう。

いつも思うけれど
歯医者さんは大きなマスクで鼻と口が隠れているせいか
とってもかっこよく見える。
お口の悩みからも救ってくれるからヒーローだ。
歯医者さんはきっと歯医者だから歯もきれいなハズ。(先入観)
だからマスクとってもかっこいいハズ。(先入観)
たとえ違っても、そう思うことが治療の恐怖からの
せめてもの救いだから別にいい。


06050201.jpg



しかし、あんな大きなマスクをしても
あんまり診られたくない容姿のお医者さんて?




06050202.jpg




うーん。。。
よっぽどの場合しかないのかも。


そう考えると、あのマスクはあのマスクは
衛生面以外の役割も大いに果たしているのだなぁ!!

うまいことできてるネ。

さつき
2006年 05月 01日 (月) 18:54 | 編集
5月!!


ということでTOP画像アップしました。


ついでにブログのテンプレートも変えてみたけれど
まだ目がなれないなぁ。。。

そのうち、もとに戻っているかも。
copyright (C) 石塚アキの日記 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。