FC2ブログ
石塚アキの日記
那須のおたんこ通信
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チョップをするなら舞台で
2005年 11月 30日 (水) 12:58 | 編集
定年間近の会社のおじさん。
永年営業をやっており、その道のエキスパート。
しかし、パソコンにかけては手も足も出ない彼は
一体どのようにしてかは不明だけれど
パソコンに触るのを逃げに逃げて今までやってきた。

それが先日、営業日報とやらをexcelで入力し
その日のうちにメールで送るという指令が出てしまい
観念せざるをえなくなった彼はここ最近ではパソコン前で
大奮闘。

両のひとさし指を駆使し、一文字打つのに30秒はかかる。
ブツブツ独り言いいながら。
「F、F、ない、ない」
「ちいさい”や”、ちいさい”や”・・・」
そして覚える気がないのでメモもとらないから
毎回同じ事を聞く。
「カタカナにしたいんだけど」
「戻りたいんだけど」
「保存したいんだけど」

遠くで「私にもあんな頃があったっけ」なんて
ちょっとほほえましくも思うんだけれど
そばで教えている人には大層イラつくだろう。
「さっき、言ったよね?!」
「あーあ、消しちゃった!!もぅっ!!」

人生の達人が違う土俵で小さくなって怒られてる姿は
見てて切ない。

ライオンは海に出るべきでなく、サバンナにいなければいけない。
シャチは陸に上がってはいけない。
生きていけないのだ。


力士は土俵にいるべきで、リングにあがってはいけない。
狂言師は舞台にいるべきで、リングにあがってはいけない。
スポンサーサイト
おさめどき
2005年 11月 29日 (火) 22:35 | 編集
年末が近づきそろそろ色んなものを納めはじめですね。
日焼け納め、ビーチサンダル納め、旅納め、とうもろこし納め、
梨納め……。

今日は泳ぎ納めに行ってきました。
なにやら12月1日からウィンタータイムやらで
市民プールが17時に終ってしまうので
仕事帰りに行けなくなってしまうのです。

今年最後のプール。空いているといいな。
運転すると人が変わってしまうひとがいるように
泳ぐと人が変わってしまうひともいる。

「プールの殺し屋」と異名をもつキラーホウェイルならぬ
キラーホモサピエンスとはあたいのことよ。
願わくば牙をむきたくないので、誰も私の行く道を阻まないで
ください。

18時のプールは激空きで「のんびり泳ぎたい人コース」は
貸切状態。よかった~。

泳いでいる最中はとってもどうでもいいことを考える。
考えるというほどのことでもないので、
何も考えていないうちに入るのかもしれない。

例えばこんな具合。

あ~、昨日のわたしはウンチだったなぁ(自分的に鬱だってこと)
うんちでも、石垣島の犬のウンチは立派に島の自然の
肥料になってたのになぁ
私は肥料にもならないね
北の国から~遺言~で柳葉敏朗が「クソ発電をしよう」と
言っていたけど、それが実現したら
私も社会になにか貢献できるってものか
「クソ」って言葉はワイルドだな
「腰抜け」もワイルドだ
女はちょっと使えないけど
男だったらよかった
ウンチとウンコの話題をブログで堂々とできるのは
男の特権だよな~
昔、ウンチとウンコの呼び名の違いを考える会で
結果それらの固さで判別されるのだろうということに
なったけれどわたしはいまだに納得いかないな~
尿素って肌を潤すらしいから
尿で肌は潤うのかと思ったら
尿=尿素ではないと指摘されたなぁ
そんなのみんな知ってるかな
あー私の頭ってシモネタばっかり
それにしてもこの水着って買って3年、
正味使用期間1年ぐらいだけどそろそろ破れやしないかな
破れるときってバツンッッてはじけるかな
こわー
泳いでる最中はじけたらシャレになんない
どうやって隠そうか
だれがどうやって助けてくれるんだ
そうなったらもうここで泳げないな
はじけたゴムはきっとちっちゃいんだろうな
でも今までそんな人みたことないわ
恐るべし競泳水着
(わっ、ジャマ!ふちっこでやってよ~)
このひとバタフライ、ヘタな上に平泳ぎの
私に抜かされてる、ダサい…
人前でバタフライってバッチリ形が決まった上に
どんな泳法よりも速くなくちゃダメだよね
それには陰練必須か
どこでやる
ビバリーヒルズに家があれば陰練できるな
友達の家でもいいや
無理か
(も~、ちょっとど真ん中でウォーキングしないでよ~)
最近浜崎あゆみがマイケル・ジャクソンにみえる…
整形かCG、あるいはどっちも
(お父さん、それ見本になってないよ~こっちこないで)
お腹すいた
(まっすぐ泳げんなら背泳するなっ)
(イダッ!!!!)←蹴られた

ブチ。

泳ぎ始めて1時間後水泳人口が爆発的に増え、
イモ洗い状態のプールでキラホモのスイッチオン。

じゃまだじゃまだどけどけー!!!!

いつもここからの早口ばりに上がる蹴りの回転数。
うねる背ビレで威嚇し、ひるがえる尾ビレで蹴散らし
旋回する手ビレ…手、手?……フカヒレで押しのける!
水泳コースでウォーキングするオヤジの顔に
バタ足噴射、イチャついて邪魔するカップルの男の
脇腹にカエルキック!!もちろん故意でないことを装って。
我ながらサイテー。あーサイテーさ。

我慢の限界に達して、泳ぎ納め終了。

みんなのプールです。マナーよく。 します。
キレてないよ ボソッ
2005年 11月 28日 (月) 19:46 | 編集
わたしはカツオ。
いや、サザエの弟のそれではない。

先日久々に会った友人が私に言った。
「キミには40時間あるね」

いつの頃からか、毎日が人生最後の日と思って生きている。
1分1秒だって無駄にしたくない。
だからしたいことしかしたくない。
会いたい人にしか会いたくない。
先のことも少し考えて不安になるけれど、
積み重ねた今がつながればそれでいい。
大成しなくたって構わない。
仕事も遊びも食事も睡眠もトイレも、
笑いも怒りも悲しみも脱力も、全力で。
泳ぐのやめたらぐるじー!
バイク下りたらじぬーー!!

でも。
ふと幽体離脱して見下ろすと
同じ場所でアワアワしてる自分が見える。
周りはコツコツ、そしてじっくりしっかり歩いてる。
景色を楽しみながら。
欲張ってアレもコレもと欲しがっている私は
なんにも見えちゃいないし、
かき集めたものは手ですくったそばからさらさら落ちる。
そう思うと、どうしていいか分からず
グォーングォーンと顔中ベタベタにして
地面をこぶしで打ちつけながら泣きたくなったりする。
なんて建設的でないのだ、なんて非生産的なのだ!

友人が言ったことは褒め言葉じゃない。
どちらかというと「生き急いでるねぇ」的な意味合いのほうが
大きいだろう。

私は楽観的でプラス思考で、胃腸も強いけれど
こんなことモンモンと考えながら
昨日食べた生焼けの餃子の脅威におびえている。
一生懸命気を紛らわそうとしたら
見つけちゃったこんなもの。

051128.jpg


へぇ~。双子なのか~。
プロフィールが泣けるでないの。
なんか笑顔が仏に見えてきた。
がんばろ。
無駄なものはなにひとつない
2005年 11月 27日 (日) 22:01 | 編集
スイートポテト作りました。
裏ごしもなんにもせず混ぜて焼くだけ。
やっぱ秋はこれじゃね。

A.jpg


ホクホクしながら片付けをしていたら
ふとスイートポテトのカップに使ったアルミカップの
間にはさまってる白い薄い紙が目につきました。

花びらみたい。
捨てるのにためらわれたので加工。
穴あけてテープでぐるぐる。そして完成。

05112501.jpg


オーガンジーみたいでかなりキレイです!
ただ長時間つけてると燃えそうなのが悩み…。
JAZZY☆ナイト
2005年 11月 26日 (土) 22:21 | 編集
大好きなカフェでジャズライブが開催される
と聞いて行ってきました!

ちょっと肌寒いけれどストーブとブランケット
とチャイであったまりながら聞くテラスのジャズ。
テラスもクリスマスのデコレーション。
本当にステキでした。
フリーチャージだから、よりステキ。


不定期で開催されています。
次は12月10日らしい。
BACKYARD CAFE
http://r.gnavi.co.jp/a592400/

つくば大のジャズサークルの方たち。
ボーカルの男性のセクシーヴォイスにうっとり。。。
あ、よだれが。
051126.jpg


演奏が終ってから、拍手と一緒に指笛吹こうと思ったけれど
つまみ出されそうなのでやめときました。
命かげろう
2005年 11月 25日 (金) 22:36 | 編集
最近、携帯の電池の消耗が妙に早い。
3回ぐらい通話すると電池2個。
もう1回電話すると電池1個。
その1時間後くらいに終了。
うっかり人と待ち合わせもできません。

そんな寿命の近づいた携帯、今日なんと
音が鳴らなくなりました。
数代目にして初の症状です。
受信という役目は果たすけれど
メール受信時も電話着信時も無音。
もちろんバイブにもならないので
着信、受信は目で確認しないといけません。
めんどくさー

ん?!
もしや、と思って確かめる。

やっぱり!!

カメラも音が鳴らなくなってるではないですか。

こ、これは隠し撮りできる…。
ある種のひとにとっては、喉から手が出るほど欲しいのでは?
高値で売れたりするかな。

さしあたって隠れて撮りたいものはないけれど
なんかあったとき役立つかも?
銀行強盗にあったとき証拠写真撮るとか。

ただ、それまでに壊れなければですが。
dictionaryholic
2005年 11月 24日 (木) 18:37 | 編集
辞書が、好きです。

国語辞典も英和も和英も広辞苑も
カタカナ語辞典も大好き。
分厚くて中のヒラヒラの紙も好き。
なんでも教えてくれるし、例文も好き。

私にとって、辞書は普通の読み物として存在します。
もし、もう少し軽くて薄ければ移動中も読んでいたいと思う。
だからといって、ポケット辞書じゃダメなのです。
電子辞書は、「なにを調べよう」と構えなくちゃいけないから
目的は「調べる」ことに限ってしまう。

やっぱり、重さも内容もあれじゃなくちゃ。

残念ながら私は国語辞典と英和2冊と和英と仏和しか
持っていないけれど。
中でもPROSEEDの和英はとても気に入っています。
それは絵と例文がとってもヘンテコだから。

05112402.jpg


エスキモーに扇風機を差し出して
「Please accept this.」

……。
こんなのばっかりなんです。
分からないことがあって、調べ辿り着いた先には
新たなる疑問の掲示。
他にも簡単でいい例文ができるのに、なぜ。

先日久しぶりに辞書を繰っていたら
辞書の間から、なにかがハラハラ落ちてきました。

ハッ、虫?!

と身構えたら、ずっと前に入れた花びら。
押し花を作ろうといっぱいはさんでおいたんだった。
挟むとき、「きっと忘れてるだろうから、今度開いたとき
びっくりするだろうなぁ、ククク」と思ってたのを
思い出した。
過去の自分へ言ってあげる。

「1本とられたなァ!」(おでこピシャッ)

051124.jpg

シスターズサミット2005
2005年 11月 23日 (水) 12:53 | 編集
奈良に住む耳鼻科医の姉が学会で上京したので
姉妹3人で一年ぶり(!)の再会を果たしました。

場所は上野、今半。

叙々園はエプロンつけてくれるけど
今半はすき焼き、横で焼いてくれるのね…。

なんだかその行為が気恥ずかしい。
かわいいお姉さんが牛肉焼いてくれる横で
たわいない話が盛り上がる。

姉が先日、診察した患者さんの話。
鼻の中にできものができた、と大層心配して
来た中年の女性は
「イボかしらね~、息がしづらのよ~」
鼻の中を見てみるとそれはそれは大きなゴミが
あったらしくそれを取ったところ
「いかがですか?」と言うと
「まぁ、すっきり!!」
姉の推測によると、華道と茶道の先生である彼女は
格式高い家の方で、40数年お鼻のお掃除をしたことが
ないのだろう、という。

そうか。
おぼっちゃまくんの鼻の中も黒真珠があるんだもんね。

丁寧に病気ではないことを説明して帰らせたそうだが
一週間後同じ症状でまた来院したそうな。

耳鼻科の先生も大変ね。
と妹ふたりで深くうなずきあったのでした。
夢いっぱい胸いっぱい肺いっぱい
2005年 11月 21日 (月) 12:35 | 編集
ずっと沈黙を守り続けていた指笛が
先日産声を上げました。

今まで、
スヒーーーッ スヒーーーッ

だったのが
スピーーーーッ!!

それまでずっと右ひとさし指を
鍵型に曲げる方法で奮闘しており
もう、だめかとあきらめかけてた矢先、
友人が教えてくれたのは
両手のひとさし指と中指をそろえて
中指の先同志を合わせて吹く方法。
今まで無駄な二酸化炭素しかでていなかったのに
この方法だったら一瞬でできました!

体が楽器になった瞬間。
うれしくてうれしくて小躍りする。

三線にも合わせられるし、「ブラボーッ」のあとにも
使える。フフフフフ。
吹くのをやめるとまたできなくなりそうな
気がしたので吹き続ける毎日。
すると、さすが継続の力。
だんだん、音階が現れてきたもよう。
おおおおー。
散歩中も吹く。
かなり遠くにいる散歩中の犬も振り返る。

なんだか町中の犬が集まってくるんじゃないか、
UFOも呼べるんじゃないか、
きん斗雲が飛んできそうで、ドキドキする。


でら、うまいでよー
2005年 11月 20日 (日) 20:33 | 編集
数ある名古屋名物のひとつ。

ん?味噌煮込み? そうね、そうね。
ん?天むす?   そうね、そうね。
ん?きしめん?手羽先?ひつまぶし?
         そうね、そうね。

忘れてはならないもの!

ヂィ・ウィロウ

そう、このインターナショナルな響き。
ういろう です!!

「けっ、ういろうなんてまずーい」

待ちたまえ、そこのキミ。
なんてかわいそうなんだ、本当においしいういろうを
知らないなんて。こっちが泣けてくるよ。
駅の売店で買ったういろう食べて、ういろうまずいって
いうのは早合点が過ぎるんじゃないのかい。

その屈折した先入観を変えられるもの。

それは… 雀おどり の 「芋ういろ」!!

だまされたと思って食べてみたまえ。
その途端、まるでチョコバーを食べるアメリカ人のように
ういろう片手に「ウィロウ!!」と叫ばずにはいられない。

たぶんこんなにおいしいものは滅多に教えてもらえない
と思いますよ、ダンナ。
なにせ名古屋人の秘密の宝物なんですから!

051120.jpg

home & away
2005年 11月 19日 (土) 19:34 | 編集
ふらりと名古屋の実家へ帰る。

新幹線に乗って、いつも思う。
新幹線の駅に立つ瞬間は感慨深い。
高校卒業してからというものほとんど関東を活動拠点
としているけれど、幾度この道を往復したかな。

不安と期待がごちゃまぜになって
初めて一人で新幹線に乗った10年前。
それからいつも、違うきもちで駅に立つ。
私の頭のなかの定点カメラには、
憧れの大学生活を気取るためにせいいっぱい背伸びして
ちょっと疲れ気味な顔の私や、面白いことがいっぱい
溢れてウキウキしている私や、いろいろなことに
打ちひしがれてガックリ肩を落として死んだ目をして
いる私、野心をメラメラさせている私、
運動不足でプクプクしていたり、栄養失調気味で
痩せていたり、妙に健康体だったり、
節約しようと乗った高速バスが事故にあったり
青春18切符でノロノロ帰ってグッタリしたり
…ずっと記録されている。

毎回毎回ちがう気持ち、ちがう風貌だけれど
ずっと変わらないのは、私の家。
いつだってそこにある。
帰る場所があるっていうのはなんて幸せなんだろう。
いつも思うのです。

…何が言いたいのか分からなくなってきたので
このへんでやめておこ。

ところで愛犬に快気祝いを作りました。
似合うでないのー。


05111902.jpg

実験したい
2005年 11月 18日 (金) 12:39 | 編集
寒いですねー。
朝は起きるのも着替えるのもつらくて難関がいっぱい。
でも通勤中運転しながら見える、路肩をマフラーした学生が
白い息吐きながら自転車こいでる姿はとても好きです。

それにしても私は寒がりなので
冬はこれでもかってくらい着込みます。
だからとっても動きにくい。
なんとか最小の布で効率よく暖まる方法はないものかと
思います。
「ここは一番に温めろ!」的な説はいろいろ。
脳に一番近い鼻を温める、とか
体の30%の筋肉が集まっている大腿部を温める、とか
体の末端である手足を温めるとか
どれももっともな感じがして、
結局全部温めなきゃダメじゃんって結論に至るんですが。

でも、もしも。
雪山に素ッ裸で放り出されて
手ぬぐいサイズのタオル一枚しかなかったら?

一体どこを温めればいいの?
想像してみると・・・私は顔かしら?
体はジタバタ動いていれば少しは暖まりそうだけど
顔はそうはいかないもんね・・・。
(この場合羞恥心はないものとして。)

しかし体力は消耗するか。

うーん。
サーモグラフィ使って実験したい。
アルムの森の木よ
2005年 11月 17日 (木) 13:08 | 編集
また行けなかった。。。

水曜日はスポーツの日と決めていたのに
仕事が始まったら行けなくなってしまいました。
定時でそっこう会社を出ても、道路が渋滞していたら
タイムアウト。
レッスンの時間に間に合わないのです。しくしくしく。

そんな今日この頃、なんだか座っていても走っても
重りをくっつけてるみたいな感覚が。
笑うと微妙に押し上げるものが多いのか視界が
狭くなっているような。

なあに、これは。


贅肉はなっぜぇ~、こんな~すぐにぃつっくっの~
この肉はなっぜぇ~、わたーしを揺さぶるの~
おしーえてーおじーさんーーーー・・・


明らかに体が冬眠準備態勢に入っているようです。
そうそう、満腹食べたあとは
厳しい冬にむけて毛づくろいして
自分の毛を肛門につめて胃腸の働きを止めるの。
・・・って、わしゃクマかっ!!

・・・。

要は、危機感でいっぱいってことです。
夏に育んだ新陳代謝力はみごとに消え、
食欲だけは依然変わらず。
いよいよ寒天デビューか?

ダイエットのためにしているスポーツではないはずなのに
今やそうなりつつあるのかも。
ぎょえー

そんなことを考えながらとぼとぼ歩いて空を見上げれば

あら、おいしそうな肉まん

あ、月か。

プールに行こう・・・。
オリオンの法則
2005年 11月 16日 (水) 11:00 | 編集
夏に石垣島で一緒に働いた仲間が集結!

名は、あがやー会。
「あがやー」というのは、石垣島で「あれまー」とか
「ありゃー」の意。
真夏の観光地でのハードワーク。
一日のお疲れをねぎらいあって、
笑って楽しく締めくくろうという感じの会を作って
不定期、メンバーも不問で設けられていた
きわめててーげー(適当)な会です。

それが東京にもやってきました。
短期間といえど同じ環境で寝食ともにした
同朋とは一種の家族的な絆が芽生えてるので
久々に会ったら大興奮、
下戸な私もこんなときはお酒がすすむ!すすむ!

お酒は得意じゃありません。苦手といってもいい。
お酒自体も、飲み会の雰囲気も、
飲んでだらしない状態になるのも、
なっている人を見るのも苦手。
でも実際、そういったものが苦手な自分がイヤで
いろいろと好きになる方法を試したこともありました。
けれどダメなものはダメで、まぁいっかと
お酒に関することとは離れるようになっていました。

が。

不思議なもので、夏、石垣島に行って
飲んだオリオンビール、初めておいしい!と思いました。
楽しくていくら飲んでも赤くなってもしんどくなかった。
海や空や風や仕事や仲間がいて、それがビールをおいしく
させるんだなーとしみじみ。
そのこともあって、もうお酒は克服した!と思い
こっちで飲んだら…おいしくなかった。
うーん、私にとって島と酒はセットなんですね。

そんなわけで移動沖縄コミュニティでのおいしいお酒は
気が付かないうちにすすみ
帰りの電車で気が付けば
足ガクガク、フラフラ、ヘロヘロ。
もっとも嫌うべき酔っぱらい姿になっている自分。
けど愛すべきこんな自分。
人生で2度目。
今まで私が軽蔑の眼差しで一瞥した世の酔っぱらいの方々。
ごめんなさい!

幸せ千鳥足で家路につく。
勤務中
2005年 11月 15日 (火) 14:54 | 編集

誰もいない・・・。

外はのどかだ・・・。

051115.jpg





仕事くれー・・・!!!
紅葉ハンティング
2005年 11月 13日 (日) 21:20 | 編集
にくいほどいい天気。

ドライブでほんのすこーーーーしだけ足を伸ばす。
気になっていた藍染めの工房「然」に行きましたた。
茅葺屋根の古民家を改装したお店はいい感じ。
店内に雑然とだけれど計算された藍染めものは
とってもしっくりきてる。
自然で染められたものはどんなところでも映える。
阿波藍(すくも)という染料を使った400年の歴史と
伝統を誇る藍染め師が営むここでは奥様が丁寧に
藍染めについて説明してくださいました。
昔は四国産のこの藍を持ち出した者は打ち首になったらしい。
そして、他の染料と違って決して色落ちせず、
もし火事で燃えても色だけは残るというから驚きです。
暖簾やショールがとってもステキだけれど
本物の藍染めは高価すぎて手が届かない…ぐすん。

05111301.jpg


まぶしいほどのイチョウを追いかけているうちに
辿り着いたのは、つくば大の学生の「おうち展」。
50年間放置された民家を再生するという企画。
明治、かつてはタバコ屋だったこの古民家も、
今はガラクタと雑草に埋もれる廃墟。
学生たちがすこしずつ手をかけて、建てつけを
治し廃材や古道具をアレンジして床の間の掛け軸に
プロジェクターでビフォー&アフターの映像を
流していた。庭では芋煮。
なんだかとってもあったかい気分になりました。
05111302.jpg

古民家再生団ブログ↓
http://blog.livedoor.jp/kise_renaissance/

ホクホク気分での帰り道、小さな空き地でフリーマーケットが
開催。冷やかしで寄ったら、やまゆりのドライフラワー発見!
おじちゃんに適当につけられた300円という値段でゲット。

05111303.jpg


外に出るといろんなことがあるなぁ。
今日はとってもいい日だった!
今年もセレモニー
2005年 11月 12日 (土) 20:34 | 編集
東京タワー、六本木ヒルズ、お台場…各地で
クリスマスイルミネーションがスタートしたと
小耳にはさんだので、おもむろに
my roomもささやかにデコレーション。

051112.jpg


クリスマス。
小さいころは誕生日よりも他のどんなイベントよりも
大好きだった。
街が彩られるのも好きだったし、
数々のクリスマスソングも大好き。
24日の夜サンタがやってきて
翌朝、姉と妹と競って早起きしてプレゼントを見つけて
お互いのを見せ合って喜んだ。
本当に幸せで贅沢な子供だったと思う。

音楽は、母が若かりしころラジオから録音した
定番のジャクソン5やジョン・レノン、カーペンターズ、
シーナ・イーストン、イーグルスあたりがぎっしり詰まった
カセットテープをヘビーローテーション。
たくさんのクリスマスソングが生まれたけれど
やっぱりこのテープが一番!
でも本番までに飽きないように解禁は12月から。

窓がくもった暖かい部屋のまん中にある実家のツリー。
イブの夜、ツリーの下には今でもサンタがやってきます。
実家からはなれた今でも変わらず。

だから私も何年たっても必ず飾ろうと思う。
あのころのドキドキを忘れないように。
人にもあげられるように。
ご飯何杯もいけます
2005年 11月 11日 (金) 20:25 | 編集
以前、丸ビルの和食屋さんで食べた
明太とろろご飯。
すっごくおいしかったので店員さんに
作り方を聞いたらとっても簡単。

すり下ろしたとろろに、おだしと明太子を
加えてまぜるだけ!
分量は適当。
とろろがほんのりピンク色になるくらい。
ホカホカごはんにかけて食べる!

明太子は苦手だけれど、これはイケる!
ぜひお試しください☆
051111.jpg

記念日だから思いを馳せて
2005年 11月 10日 (木) 13:38 | 編集
今日は「トイレの日」だそうな。
11月10日、「トイレ」と読めなくもない…か?

先日もトイレについての熱い想いを
綴ったけれど今日はトイレにまつわる思い出を
綴ろうじゃありませんか。

幼稚園のころは、ひとりで個室に入るのは
毎回ドキドキの挑戦でした。
あるとき、鍵もしめていないのに扉が開かなくなり、
泣き叫んでいたところを園長先生が救出してくれたこと。
(たぶん押すところを一生懸命引いていたと思われる)

小学校のころは、もっぱら恐怖エリア。
花子さんレベルのおそろしい話があふれ、行くのを
我慢して病気になったのもしばしば。
そんなころ、図書室にあった「世界のトイレ大辞典」と
いう本を偶然発見。長い間誰の手にも取られてなかった
ようで図書カードには誰の名前もなく、たんまり
ページの隙間にホコリがたまっていました。
おそるおそる手を伸ばし開くと、さまざまな国の
さまざまな時代のトイレがいっぱい載っていて
面白いんだけど、なぜかページをめくる手は雑巾持ち。
たしかエジプトの古代トイレのページだったでしょうか、
そこにはつぶれた蛾がはさまっていました。
ヒィッ!
小さく叫んで閉じ、また元あった場所に戻しました。
押し花ならぬ、押し蛾。
さすがトイレ大辞典。
付録までトイレらしさ満点。

それから数年、色んな国のトイレを見ることに
なったけど、ハワイの扉無しトイレ、
アメリカの便座の位置が高いトイレ、
パリ・フォーシーズンズホテルのおフランストイレ、
西表島のジャングルトイレ。
ところ変わればトイレも変わる。
トイレに関する興味は尽きません。

トイレの洗剤のCMで、お金落として拾えないから
洗浄しよう、というのがありましたが
洗浄しても…拾えるか??
いくらなら拾えるんだろう、私。うーーん。

近々、都内に高級公衆便所ができるらしい。
ぜひ行ってみたいものです。

ボーダーライン
2005年 11月 09日 (水) 19:24 | 編集
長年愛用していたジーンズが危機にさらされています。
ヒザの部分に社会の窓(懐かしい響き)が
空いたのは去年のこと。
それからというもの気をつけてはいたけれど
なにぶんジーンズという身の上なだけに
激しい動きや小汚い作業を強いられることが
多く、小指の爪ほどの穴はスクスクと
巨大化していき、周囲にも窓を作りました。
はじめのうちは「これも味」と思って
着ていたけれど、ちょうど股のあたりがパックリ
破れたときは、ちょっと恥ずかしかったので
リペアしました。

が!!
先日 とうとうバックにも社会の窓登場。
両足の付け根の後部分。
着ていてもスースーして寒いし、破れ部分が
ブラブラしているではないですか。
そうこうしているうちにリペアしたはずの股の
窓もおそるおそる開きはじめました。
すでにこれは衣服ではないのでは…?

布…?

「摩擦しやすい部分ランキング」がひと目で分かる
このジーンズ。
以前靴下の捨てるタイミングが分からない、と日記で
書いたけど
http://diary.fc2.com/cgi-sys/ed.cgi/akiishizuka/?Y=2005&M=2

これもわからない。
頭がはげているいる人が、顔と頭の境い目に悩むように
オシャレ穴あきジーンズと単なるゴミとの
ボーダーラインが私には見えません。

普段ほとんどの場合ジーンズで過ごしているので
愛着もひとしお。それをいつ捨てられる?
かといって、別にこれといったヴィンテージとかでも
ないので本体価格を上回る金額でリペアに出す気もない。
要は、貧乏性ってことなんだろうけど。


051109.jpg

2005 動揺
2005年 11月 07日 (月) 14:22 | 編集
友達とCDを借りにツタヤに行き
僕はどういうわけかロバータ・フラッグの
古いアルバムをさがしており
その間 彼はずっと新譜のコーナーで
何か物色していたと思われ
しばらくして僕のところに来て言ったんだ

「ハカマダ クミって知ってる?」

いや、知らない…

答えたあと、少し考えたらどうやら
倖田來未 のことだと思われ
そっと「コウダ クミ」と読むんだよと教えると
彼は口をあけて僕を見ていたわけで

ショックだった

でも たぶん
僕以上に友人はショックを受けていると
思われ

僕と彼とは同じ年であり、ずっと一緒だったわけで
彼が年とったということは僕も年とったということ
になり

…母さん、今日も雲がきれいです
小さな一歩ですが大きな一歩です
2005年 11月 06日 (日) 12:46 | 編集
ここ数日、かぎ針編みに奮闘していました。

難しすぎるの、私には…。
記号もちんぷんかんぷんだし、細い針を
クネクネさせているとしかめっつらの寄り目になって
目も疲れるし、イライラもつのる。
図書館で本を借りても、本を買っても
本屋で立ち読みしてもまったく理解不能。

でも、世の中には大きな
ひざ掛けやマットを編み上げている人がいるかと
思うとくじけるわけにはいかない。

そうしてやっと意味がなんとなく分かって
できあがった処女作。
コースター!!
ぐほっ、カワイイ。
051106.jpg

冬支度
2005年 11月 05日 (土) 12:41 | 編集
レトロな感じがお気に入りの電気ストーブ。

そろそろ出番です。
そう、これにあたりながら編物をしたかった!
デヘヘヘ。

051105.jpg


美輪明宏の髪みたいな黄色がまぶしい。
自分史上最高貧乏★
2005年 11月 04日 (金) 11:43 | 編集
タイトルに★マークつけるようなことでもないですが。

お仕事始めたものの、10月分のお給料入るのが
11月末。
あぁ息も切れ切れです。

金運とはいつの頃からか縁がなくなってしまった
私だけれど、その状態を楽しむ術は持ちすぎるほど
持っているつもり。
それが命とりになっているのか、お金にまったく
執着せず、貪欲になれずにいたらこうなった。

「食べたいものを食べたいときに買える。」
これが私の貧乏の定義の最低ライン。
が!!
恥ずかしながら
ついにこの最低ラインが侵されそうになっている…。

ちょっと危機感を覚えて、最近家のなかのいらないものを
換金できるか試し始めました。
まずは定番の本。
かなりたまっていてブックオフ!

今度は眠っていた家具や小物を箱に詰めて
リサイクルショップへ。
イスや使っていないドライヤーや
どうして家にあるのか分からないぬいぐるみ各種。
期待はまったくせず、むしろ部屋の掃除くらいの
気持ちで持っていったけれど、やはり雑貨は
大量でないと買い取れないと言われました。
ちょうどいいから処分してもらおうとしたとき
箱の中のプーさんのつぶらな瞳と目が合いました。
ウッ…


「これは持って帰ります…」
ぬいぐるみは好きじゃない。
かわいいけれど子供じみているし部屋に合わないし
一度持ってしまうと処分に困る。
なのに、またお持ち帰り。
処分できなかった上に「プーさんごめんね」
と思う自分が嫌になります。

その後、近くの古道具屋さんをのぞいたら
昔のアルコールランプが細工して一輪挿しに
なったものが売ってる!
前、1500円で買って割れてしまったものが
ここでは300円!
買うしかない。




そんな感じでDURALEXのカップ&ソーサーや薬瓶を
買って、しっかり散財。

収入を得るはずが、余計な出費とプーさんへの愛情を
ゲットしたのでした。
元祖をきわめたい
2005年 11月 03日 (木) 10:59 | 編集
妹が遊びにきてくれました。

以前は元祖カレーパンを手土産に持ってきてくれた妹。
けなげに今回はコレ!!
人形焼ならぬ「壺焼き」。
↓↓

051103.jpg


重盛の人形焼。
なにやら人形焼の元祖らしい。

元祖○○らーめん
元祖メロンパン
元祖ハヤシライス
元祖……

この手のもの、「元祖」と商品につける老舗が
いくつかあって、本物の「元祖」はどこだ?と
考えずにはいられません。
そのうち、「元祖」の定義さえも分からなくなり
その言葉と価格に味覚もまどわされることしばしば。

だけど、ベビーカステラとか
大判焼きとかタイヤキとか大好きなので、
人形焼の元祖はたっぷり餡が入っていて
おいしかった~!!
これぞ「元祖」の貫禄?

妹よ、ありがとう!!


世間はもうクリスマス
2005年 11月 02日 (水) 23:51 | 編集


051102.jpg


紅葉もまだ楽しんでいないのに。

もう来ちゃった。

冬が。

朝、顔を洗う水が冷たくて
車の窓が霜で真っ白になっていて
先日出したファンヒーターの灯油のにおいをかいで
ようやくちょっと11月がきたことを実感して
きたのに。

ラジオではクリスマス特集。
地方のラジオ局の流すひと昔前のそれはより悲しい。
だってカズンだもの。広瀬香美だもの。
冗談みたいなメドレーが続く。

時間はどんどん流れる。
この前まで沖縄で真っ黒になっていたのに
この前まで大学生活キャッキャッしてたのに
この前まで学生服で早朝追試してたのに。
明日にはおばあちゃんになっていそう。

きれいなイルミネーションが無償に悲しくて
うつむいてトボトボ歩く。
餃子は続く、どこまでも
2005年 11月 01日 (火) 12:47 | 編集
一回ハマるとしばらくそればっかり続くバカな私。
餃子ブーム、続いております。

タネを作りすぎてしまったので
お焼きを作りました。
生地は村上祥子さんの「レンジで簡単!パンづくり」参照。
あっという間に生地が発酵完了。

生地にタネを包んだらフライパンでじっくり焼く。

05110102.jpg


両面焼いたら水を加えて蒸し焼きに。

05110101.jpg


サービスエリアにて150円で売ってそうな
みょうにおいしそうなお焼きのできあがりー。
copyright (C) 石塚アキの日記 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。