FC2ブログ
石塚アキの日記
那須のおたんこ通信
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひょうたんのその後
2006年 09月 15日 (金) 23:49 | 編集
もうヤバイ。


完全に下火です。

06091504.jpg


葉っぱの裏にアオムシが繭をつむぎ始めました。


いよいよ、収穫か?!とひょうたんを手にとると





ギャフン。

06091501.jpg





ヒビ割れてる…。


大きくなれ、大きくなれとひたすら大きくなるのを待ってたら
限界値を超え、亀裂が入ったようだ。

どうやら収穫期を逃し、急激に気温が変化したりすると
起きる現象らしい。ううっううっ…。

裏側だから気が付かなかったよ…。

儚い恋でありました、2006、夏。




いや、まだチビッコふたつが生き延びている!!

慌てて、残された小さなひょうたん2つ収穫。


収穫後のひょうたんは、中身を腐らせた後、中身を出し
表皮を剥き、乾燥させて完成だ。

この中身を腐らせる作業だけれど、
普通に放置して自然に腐らせるとそれはそれは殺人級の異臭を放つらしく、
最近では現代科学を駆使した「ひょうたんごっこ」なる便利なものがある。

06091502.jpg


これは酵素で中身を溶解し、無臭かつ1日で処理できてしまうすぐれもの!
まさにひょうたん愛好家にはたまらない一品だそうだ。

友人であるひょうたん先生から「ひょうたんごっこ」を分けてもらう
ことができた。

さぁ、ひょうたんごっこだ!


今日は中身の処理をする。

①ひょうたんの先端を切断し、ハンドドリルで穴を開ける。
②開けた穴に割り箸をつっこみ、ひょうたんの中をつつきまわす。
③ぬるま湯で溶いた酵素を流し込み、布で栓をする。
④数時間ごとに振って、お湯をつぎたす。(これを1~2日間数回繰り返す)



待機中。


06091503.jpg


スポンサーサイト
中間報告
2006年 09月 01日 (金) 18:40 | 編集
アキモスラの途中経過。

ひょうたんも秋口にさしかかり、
葉も心なしかしょんぼりしており、一時の勢いはやや衰えつつあります。
ツルをまきつける場所がもうないせいか、苦し紛れに
網戸に絡みつくというスゴ技を見せるも
私が朝晩勢いよく網戸を開けてツルを
引きちぎるので、もぅやってられねぇとばかりに
伸びも滞っております。

現時点で結実したものは3つ!

残念ながら受粉失敗したのは3つ。

五分五分となっております。

コレ第一子。


06090102.jpg



くしゃみしたら何か出てきそうな形になっちゃったでおじゃるので
名前は「ツボ」です。




06090101.jpg



これが2つめ、3つめ。

手前のはなぜか傷だらけなので「ローラ」。
3つめは成長途中なので名前はまだない。


先日3つモスラったので
まだまだ目は離せない。
受胎告知
2006年 08月 24日 (木) 13:42 | 編集
ご懐妊!!


060824.jpg




昼夜問わず、モスラ・アキ、活発に
愛のひょうたんキューピットにいそしんでおります!!



ちなみに先日の梅干し、
幸運なことに3日連続で晴れたので
いい感じに干しあがったもよう。

梅酢も日光に当て、またそこに梅干しを漬けて
ついについに完成!!!


ところが!!


おにぎり握るから、ちょうだい!!!



と友人に行ったところ、梅酢にまたもどして
さらに1年漬け込むから食べられるのは来年だ、
と言われた。



いいいいいいい1年??!!





腰砕けた。




なんてなんて気長な作業。
長寿大国日本のなせる技。

これを食べずに死ねるか。


梅干しが完成するまでの1年なんて
星の一生に比べたらアリの1回の咀嚼時間に等しい。

私、待つわ。


というか、梅干し作りなにも手伝ってなかったのに
もらう気まんまんだった。
受粉
2006年 08月 19日 (土) 11:22 | 編集
今日もひょうたん。

ただでさえ、ブログの更新力が低下しているのに
ひょうたんネタばっかり。
せっかく見てくださっている方で興味のない方には
申し訳ないです。えへ。

でも、今や私のひょうたんはクライマックスを
迎えようとしています!!(多分)
白い雄花がポコポコ咲き始め、雌花のつぼみも
ふくらんで、生命の息吹が我がベランダに!!



朝、カーテンを開けひょうたんにオハヨー!!


じぃっと観察する私の顔に網戸の網が食い込む。


むむむ!!!!

雄花が咲いた日から数日遅れ、第一号雌花が咲いてる!

さぁいよいよ、受粉のとき!!

朝からドキドキしながら
下調べ通りにことを慎重に慎重にすすめる。

植物とはいえ、受粉は神聖なもののハズ。


これが雄花。

06081901.jpg


花の付け根がスーっとなってます。


そしてこれが雌花。受粉しやすいように花びらを取ったあと。


060821_01.jpg


花の付け根がひょうたん型になっています。

プリッとした雌しべに雄花の花粉をツンツンつける。


んん~~???

イメージでは花粉がモッサリつくと思ったのだけれど
なんだかついた気配がしない。

ついているのか???

それともこの雄花、花粉が少ないのかも。

今度は他の雄花の花粉をぐいぐいつけた。


んん~~~???


これもイマイチ。


また他の雄花を取り、花粉をぐいぐい押し付けた。


?????


受粉できてるのか????


この調子で5つの雄花の花粉をつけた。

心配だけれど、こんなもんかもしれない…。

このまま続けたら一妻多夫制になってしまい、
遅咲きの雌花ちゃんがさみしい思いをしてしまう。

ということで、受粉終了。




いささか心配だ。



受粉しすぎてこんなことになってしまうのかも。




06081903.jpg


ひょひょひょひょ…
2006年 08月 17日 (木) 12:34 | 編集
ひょひょひょひょひょうたんの
花が咲いたーーー!!


060818.jpg



なにせネットの向こう側であっちむいて咲いてるので
撮影しにくいのですが、まぎれもなくひょうたんの花。


うれしい!!


ひょうたんの実をつけるには雄花と雌花を
人工授粉させなければいけないのだけれど
それを知らずにどこに受粉するのか
朝イチでインターネット調査。

それによると今回咲いたのは雄花。
タイミングよく雌花が咲いたらそこに受粉するのです。
うう~、せっかく雄花が咲いたのだから
雌花はよ咲け!!

受粉したいぞ!!


でも今の所見えるのは雄花のつぼみばっかり。


雌花は主に子蔓、孫蔓にできるので
成育中に摘芯しないとこうなるのですね。
ひょうたん栽培初心者の鉢よく見られる男子校状態。
心のどこかで逆ハーレムを望んでいたのかも?ワタシ。

いちおう雌花のつぼみもあるので
それが開花するのを見守ることにします。

発芽が遅くて心配だったけれど
曇りが続いていたころに、よそのひょうたんに追いつき
今ではスクスクと育っています。うれしっうれしっ!!



それにしても最近ひょうたんに全然虫がつかなくて心配。
前はあんなにアオムシくんにモテモテだったのにね。
それとも嵐の前の静けさってやつ?
数日したら巨大アオムシでビッシリ、なんてことに
なったらどどどどどうしよう!!


虫がついても心配。つかなくても心配。
ああ、複雑な親心よ。


予報ではこれからしばらくいい天気が続きそう。
ひょうたんのお隣のアサガオも
藍、青、ピンクの花をポンポン開かせているので
ぜひひょうたんくんにもここはひとつ。


それにしても暑い。
コンビニに行ったらなぜかアツアツおでんの
キャンペーンをやっていて、お昼ご飯を買いに来る
お客さんに「試食どーぞー!!」と
回っていた。

なぜ…今…?


その湯気見るだけでも暑いよ…


お椀に入ったアツアツこんにゃくを持ってみんなに断られる
お兄さん。その真意はいかに。

copyright (C) 石塚アキの日記 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。