石塚アキの日記
那須のおたんこ通信
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自家製酵母パン
2015年 06月 18日 (木) 22:50 | 編集
毎日ごはんを炊くようにパンを焼けるようになりました(*^^*)
スポンサーサイト
あれから
2013年 11月 04日 (月) 22:53 | 編集
2007年から2011年まで住んでいた場所。

住宅地から少し離れ、こんなところに?というような周りを牧場と森に囲まれた
場所にある築40年を超す古い官舎。

古いから、たてつけも悪く、断熱材なんて入ってないから
冬は部屋の中でも息が白くて、窓だけじゃなく壁まで結露で濡れた。
放っておくとすぐにカビが生えるから、拭き掃除が大変で、
もちろん押し入れなんかふすまを閉められないから
ふすまは取り外してしまうけど、除湿剤なんてまったく意味をなさず
中に本でも入れたらすぐに湿気でブヨブヨになった。

部屋中締めきっていても、隙間風で娘用のモビールが常に回っていた。

生活するには快適とはほど遠い家だったけれど、
ペンキのはげたうすあずき色の手すりやドア、
玄関の壁一枚隣にある、脱衣所のない浴室が結構好きだった。


13102710.jpg

窓からの景色をたくさん写真におさめたことは、今までない。

身の回りの自然をもっと知りたくて、住人仲間で木に名札をつけてまわった。

春にはつくしやたんぽぽが足もといっぱいに広がり、サクラの花びらが
が積もる間からのぞいたヨモギをつんでおまんじゅうを作った。
建物を囲むスギとヒノキからは大量の花粉が飛散し、花粉症デビュー。

梅雨は静かな雨、息苦しくなるほどの湿気とともに漂ってくるきつーい家畜のにおい。

夏はうるさいほどのセミの鳴き声と暗くなるまで聞こえるこどもたちの遊ぶ声がひびいた。

秋はどんぐりや松ぼっくりが落ち葉のじゅうたんの上に転がり、冬支度で侵入してくる
カメムシの大群と格闘し、

長い冬はいくらでも降る雪に飽きることなく外に飛び出して、結露でびちゃびちゃの
窓越しに真っ白な森の姿をいつまでも眺めた。

自生するフキノトウ、ミョウガ、タラの芽、シソ、ミツバ、ヨモギ、クワ・・・。
身の回りの植物を使って料理や工作の楽しみが無限だった。

郵便ポストにシジュウカラが卵を産み、それをアオダイショウが狙う。

キツツキが木をたたく音が聞こえる。

キジが高い声で鳴く。

娘は石ころやドングリ、虫に何時間でも夢中になる。

小さな畑ではじめての野菜作りを経験した。



小さな宇宙がそこにはあって、5年間でどれだけ自然のことを知れただろう。


振り返ると、
ここで長女を4年間育てられたことを本当にしあわせに思う。
濃厚な時間だったと思う。

13102307.jpg


今のすまいから車で1時間ほどだけれど、原発事故直後 2.0 μ Sv ほどの
数値が出るほど汚染されてしまい、しばらく足を踏み入れることはなかった。


先日2年ぶりに訪れたそこは、
遊具が取り除かれ、ほとんどの木が伐採され、土が削られ、
巨大なビニール製の袋がこれでもかとずらっと並べられ、
私たちの知っている場所とはほど遠い姿になっていた。

13102711.jpg


長女がここにいたことを思い出せなかったのは、幼かったから?


まったく違う姿になってしまったから?



こんなにも苦しい気持ちを、それ以上の気持ちを、
福島の避難区域の人たちみんなが味わっているのかな。

いろいろなもの、すべてにあやまりたいです。


長女の思い出
2013年 07月 25日 (木) 23:58 | 編集
長女の通う幼稚園では、震災後、園舎の耐震強度が不足している
ということでお泊まり保育がなくなりました。

代わりに年長さんの思い出作りは園児と先生が相談して
毎年内容を決めています。

今年は、こどもたちが企画した「流しそうめん」!

13072601.jpg

竹のトイは二股に分かれたひし形をしていて
斬新なデザイン!

すっごい満足の顔で帰ってきた長女が
おみやげに自分たちで作ったという竹の器とおはし!

13072403.jpg


わお!!!

すごい!


感動!



今日の食卓にのせたい!!



今日の献立で入れられそうなもの・・・・




もずく。


13072402.jpg



なんかちがう。



また次回の課題として。



もひとつのおみやげ。



「おうちでもやれるね!」



って1メートルくらいのトイ。


13072404.jpg




・・・・。








とりあえず、踏んどこ。




13072406.jpg





サッカー観戦!
2013年 07月 19日 (金) 06:46 | 編集
長女の通う幼稚園チームで編成されたサッカーチームの大会がありました。

といっても、地元サッカーチームの大会のために
急遽編成しているのでゲーム初体験の子供たちがほとんど。

長女もボールを蹴ることはできても、ゲームは未体験。

それでも、ボールを蹴りながら走ることができない(ボールに乗っかって転ぶ)
私にとってはドリブルできるだけで大尊敬なんだけれど・・・

大会までに4回ほど企画された練習にも参加できず
「できないよ〜、びくびくするよ〜(どきどきする、の意)」と
ネガティブな彼女。

図書館で借りる本に、どこで見つけたのか小学校高学年のための
「サッカー攻略本」(絶対読めない)を紛らせていたりして
かなりびびってました。

前日にオットとのサッカー練習から帰ってきた長女は
ルールを教えてもらって、技(?)も伝授されたよう。

さっそくメモをして、呪文のようにつぶやく。(マジメ・・・!)


13071407.jpg


そして、当日。

やっぱり呪文を唱えながらゲーム開始。


園児ルールのすごいとこ。

<キーパーなし>


はじめは子供たちみんなボールと一緒にダーッダーッと
動くかんじだったものが5試合目ではなんだか
それらしくなってるから、子供ってすごい!!

親はゴールの後ろに立って
「こっちこっちーーーー!!!!」
と叫ぶ。

私も大絶叫・・・。

シュートも決められて、楽しそうに走ってる姿が見られて最高でした!


13071401.jpg

13071404.jpg

13071403.jpg


次女、ベンチにてイメージトレーニング。

13071408.jpg

自主練中。

13071409.jpg






大会前日に一眼レフのレンズがのびきったまま戻らなくなり
修理しようとカメラ屋さんに行ったら、
修理代が新品購入より高くなるってことで
今まで使ってた同じレンズを購入。

高いお買い物なのに、買った感がなーい!

13071103.jpg


ついでに数枚ipodの写真もプリントして
「マスキングテープ使い放題」コーナー(マステ100個以上?!パンチや折り紙も)で
ムスメたちと長時間、遊びました。

サトーカメラ、楽しい!

13071104.jpg



観戦に夢中になりすぎて決定的写真がまるで撮れず・・・。




7月
2013年 07月 17日 (水) 22:34 | 編集
7月に入ってすぐ、小さな部屋を衣替えしました。


13070101.jpg



い草の香り。


すだれからもれる光。


風鈴の音色。



夏!!!








暑いけど、かすかに吹く風にそよぐ稲をみてると
田んぼのある景色って涼しげ。


田園風景、好きだなぁ。

13070301.jpg



以前住んでた森の中の住まいは
息苦しくなるほどの草のにおいと
ひぐらしの明け方の大合唱。
ざわざわ揺れるヒノキやスギ。

木や虫たちの圧倒的な生命力がみなぎる森もよかった。



自然豊かな土地の季節の移り変わりは
どこも甲乙つけがたい!



日が長くなり、子供たちも元気いっぱいで
夜は一緒に力尽きる日々。

なんとか時間見つけて久々にソーイング。


ダブルガーゼでワンピース。

幅が広すぎ、長さ短すぎの生地を
途中で裁って向き変えて縫いつけた。

ダダダーと全部直線縫いで完成〜。


13071501.jpg


copyright (C) 石塚アキの日記 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。